り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【都知事選挙】細川「脱成長、貧困問題より脱原発が先だ」
インターネット選挙運動の解禁に関する情報
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html



現行の選挙運動の規制
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10_1.html



東京都知事選挙では「田母神としお」とお書きください。

田母神としお
http://www.tamogami-toshio.jp/



今回の都知事選挙では、候補者による公開討論会が開催されていません。

ここは是非、田母神陣営から仕掛けて公開討論の開催要求を放送局と各候補者に呼びかけて頂きたい

他の候補者や放送局が逃げたら「逃げた!」と訴えれば良いし、いざ開催されれば脱原発以外、都政そのものに無関心な候補者に敗北するなどありえません。

公開討論開催要求を公言していくことに田母神陣営にマイナスはありません。



ところで、同じく候補者の細川護煕ですが、アレな発言が加速しておる模様です。


2014年東京都知事選挙 細川護煕候補 第一声 <演説全文>
http://thepage.jp/detail/20140123-00000021-wordleaf


『例えば、日本の人口は今、1億3,000万人ですが、あと50年すると9,000万人になる。
100年たったら4,000万人になる。4,000万人と言えば江戸時代の人口です。
江戸時代の人口とほぼ近い。
そういうことになると、これは今までのような大量生産・大量消費、そういう経済成長至上主義というもので、果たして日本という国はやっていけるのかどうか。
私は難しいと思います。

これからは原発をあちこちの国に売り込んだりするような、そういう欲張りな資本主義ではなくて、もう少し、自然エネルギーとか、脱成長とか、そうした心豊かな生き方というもので満足できるような、そうした国づくりというものを進めていかなければならないのではないか。
それが価値観の転換と申し上げた、1つの大きなテーマです。
心豊かな幸せの成熟社会へのパラダイムの転換をしていかなければならないじゃないか。私はそう思っております。』


ところで、日銀のおかげで、このつい最近まで、20年くらい日本は「脱成長社会」を実現していたわけですが、その結果は我々が身を以て体験した通りです。

地獄絵図でしたよね、ほんと。


若者は少ない正規雇用を奪い合って憎悪を募らせ、雇用条件の向上など望むべくもないままブラック企業(デフレ適応の過剰反応)にも文句が言えず、自殺者は増え、子供の数は減り、国防予算も増えず、と良いことなど一つもなかったわけです。


細川のこの発言、デフレ派や国家破綻論者と同じことを言ってます。
挙句に「心が豊かに」云々は連中の常套手段でしたが、選対にもデフレ派が入り込んでるんですかね???


付け加えると、経済成長=大量生産大量消費、という図式をあてはめるのは相当にセンスが悪い模様。









飯田泰之先生経済成長と環境保全を語る
http://togetter.com/li/240762




まぁ、要するに「脱成長目指します」というのは、

・日銀QEに反対します

・失業者をもっと増やします

・若者に正規雇用など贅沢だ、最低賃金で非正規雇用を奪い合え

・自殺者はもう少し増えた方が良い



と言ってるようなものですから。
都知事選抜きにしてもアカンやつやコレ。

都民の皆様、とことんまでコケにされてますが、良いんですか??


【都知事選挙】選挙運動スタート
昨日、東京都知事選挙が正式に告示され、選挙運動が開始されました。

当方の方針としては、ネット選挙運動に関しては、総務省のガイドラインに従い、やって良いことといけないことをきちんと峻別したうえで、公選法に基づき粛々と選挙運動を実施します。

インターネット選挙運動の解禁に関する情報
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html



また、非ネットの通常の選挙運動に関しても、ガイドラインをご覧下さい。

現行の選挙運動の規制
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10_1.html




ということで、ここから先は落選運動も含め、正々堂々の選挙運動であります。
各員、法に基づき粛々と運動を実施しましょう。

その際、あえて違法行為に挑戦すること当方管理人は推奨致しません
(当たり前ですが。)

今回の選挙の場合、脱法行為スレスレのネガキャンの必要がないくらい、ネタ満載ですからそういうことにあえて挑戦する必要はないでしょう。
粛々と事実を使えばよろしい。



東京都知事選挙では

田母神としお

とお書きください。




また、周囲の東京都民の皆様にもその旨お伝え下さるよう、また、細川護煕氏、舛添要一氏に関する事実関係の確認についても同様に、当方ブログの読者の皆様にお願い申し上げます。


【都知事選挙】週刊誌「細川では都政が混乱する」
まぁ、常識があればそりゃそう思うだろうよ。

BeKCD-iCAAAwhUg.jpg


原発、五輪…細川元首相当選なら「都政は混乱」の声
女性自身 1月17日(金)0時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140117-00010003-jisin-pol


「東京に原発があるわけではないし、原発再稼働に関する許認可権は地元の知事が持っていて、都知事が出る幕はない。細川氏が出れば原発ゼロの世論は盛り上がるでしょうが……」
(自民党ベテラン職員)

スポットライトを浴びたい細川氏にとって都知事選は最適の場所だろう。だが……。

「今回の都知事選は、2期8年勤め2020年東京五輪の顔になれる人というのが前提条件。’20年に細川氏は82歳ですよ。もし出馬、当選して1期で辞めたら、再びゼロからとなって都政は混乱する。ろくろを回す老人の戯れにつき合わされる東京都民はたまったものじゃありません」
(自民党関係者)


93年、非自民連立政権の首相としてスポットライトを浴びた細川氏は、たった9カ月で首相の座を投げ出し、国政を混乱させた“前科”がある。

「1年で辞任した猪瀬氏の後任が、9カ月で総理を辞任した細川氏、というのはブラックジョークですよ。しかも細川氏が辞任した理由が、佐川急便からの1億円献金問題ですから」
(同前)



まぁ、これに関しては、石破幹事長以下党内主流派が舛添なぞを「支援」することを強要してきていることを差し引いても「自民党ベテラン職員」のお説ごもっともでありまして。



細川氏は追及されたらボロが出る 1億円借り入れ問題 深谷隆司氏が直言(1/2ページ)
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140120/dms1401201145003-n1.htm


『1億円の借り入れについて、国会で追及を受けた細川氏は、捺印(なついん)も印紙もなく、振出人の氏名も書かれていない領収書を提出。
資金の用途についても、「マンションの購入代金」や「山門や土塀の修繕費」などと説明をコロコロ変えた。

「釈明には不可解な部分が多く、政治献金である疑いはいまだに残っている。はっきり説明責任を果たさないと、猪瀬氏がダメで細川氏はいいのか、という話になる」

と深谷氏。

当時を振り返り、表沙汰になっていない裏話も明かす。

「追及を続けているなかで、大和銀行参議院支店(当時)に細川氏が2つの口座を持っていることが分かった。そこでの出し入れが明らかになれば全容が解明できる。国政調査権を行使して『銀行に書類を提出するよう請求しよう』という話になった。すると、旧知の国会議員が訪ねてきて『どうかそれだけは勘弁してほしい』と言う『それはできない』と断りを入れると、『これで政権も終わりですね』と言った。細川政権が退陣したのはその直後だった

細川氏の出馬によって20年前の疑惑が再燃するのは必至だ。』


疑惑っていうか、真っ黒じゃないですかコレ(笑)



細川氏、小泉氏の協力頼み 猪瀬氏より決定的な“過去”も 都知事選(1/2ページ)
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140110/plt1401101536002-n1.htm


『「真面目にどうするか考え始めた。(出馬は)半々だ。数日後には結論が出ると思う」

細川氏の妻の佳代子さんは9日、夫の都知事選対応について、取材にこう答えた。
関係者によると、細川氏周辺は、都内に選挙事務所用の物件を確保するなど、準備を進めているという。

最終決断のカギは、小泉氏の全面支援が得られるかどうかだ。
細川氏と小泉氏は昨年10月、会談した。
小泉氏は新党結成には「あり得ない」と否定的だったが、都知事選で“元首相連合”を構築し、街頭演説などでアピールできれば、「勝算がある」(細川氏周辺)と分析している。

小泉氏が「細川氏支援」を打ち出せば、生活の党の小沢一郎代表(71)も賛同し、「脱原発」を掲げて出馬表明している宇都宮健児・日弁連前会長(67)=共産、社民推薦=との一本化が進むとみられる。』



『細川氏は辞任直前、国会に1億円を返済したとする資料を提出したが、「発行社(者)も判も押してない領収証」や「大晦日の12月31日に利息を払ったとする貸付金台帳」などズサン極まるものだった。
医療グループ「徳洲会」側から5000万円を借りたとして、猪瀬前都知事が辞任直前に公開した不可解な「借用証」とまさに重なる。

自民党幹部は「徳洲会はダメだが、東京佐川急便はいいのか。金額や疑惑だらけの資料など、猪瀬氏より悪質な部分もある」といい、細川氏が出馬した場合、徹底追及する準備を始めた。』


ここでも、やはり石破らが舛添なぞを「支援」することを差し引いても「自民党幹部」のお説ごもっとも

舛添アゲの人達を含めて、自民党は細川に関して徹底的にやって頂きたい


【都知事選挙】殿、御乱心
もう、この画像が全てを物語っていると思うんだ。

木下


BeFqj__CAAAug19.jpg

BeKCD-iCAAAwhUg.jpg


もはや言葉は不要か、と。
当面は、都民が一人でも多く、「こいつアカンやつや」と気付いてくれることを信じて動くだけ。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。