り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自衛隊】概算要求1万人、300人にしたの木下さん
山梨県、積雪1メートル超 各地で車の立ち往生、雪崩の発生も
http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/15/yamanashi-snow_n_4794063.html?utm_hp_ref=tw


【大雪情報】陸自、郡内地域で除雪に入る
6市町、3190軒で停電続く
http://www.sannichi.co.jp/local/news/2014/02/16/2.html



端的に言って大災害だと思います。
既に山梨県、埼玉県などに陸上自衛隊第1師団などが展開し作業にあたっている模様。


県外の人間にとっては見ていることしかできず、ここぞとばかりに自衛隊を称賛し、自衛隊不要を唱えるキチガイを罵倒して日頃の鬱積を晴らす方も多いようです。


心情的に気持ちは同じですし、自衛隊に好意的な感情が増していくことは良いことです。
ただ、今回の災害でTwitterのTLなどを見ていても、そういう「自衛隊いらない」などと発狂している連中よりも気を付けないといけないな、と感じる主張が目につくようになりました。


曰く、


自衛隊は戦争の時のためではなく

こういう時のためにいるんだ



というものです。


小沢一郎なども主張していた、「自衛隊を災害救助専門部隊に」というアレですね。


この種の連中は一見すると自衛隊を称賛すらしているので、非常に注意してみないといけません。
こんな主張が説得力を持ってしまっては困ります。
また、こういう輩の誘導に乗って、的外れな所で論争を展開しても問題です。


あえてハッキリ言いましょう、


自衛隊は戦争のときに備えてあるものだ、

災害救助はその余力に過ぎない



と。


「保守」系の人が陥りがちな議論ですが、「憲法改正しないと国は守れない」というものです。


確かに当用憲法は問題です。
GHQの押し付け、バカがテキトーに書いた原案、などなど、当用憲法の問題はその通り。
感情的には明日にもズタズタに切り裂いてゴミ箱に叩き込み、高性能焼却炉で灰も残さず始末したいものです。

自衛隊・国防に関する絡みでも、当用憲法9条は足枷となっていて、憲法上可能なのは


せいぜい核武装まで


でしょう。


これ嫌味や皮肉じゃありませんので。

戦後しばらくの間は「政府公式見解」で核武装は憲法違反ではない、という認識でしたので。


それがいつの間にか「核武装は当用憲法違反、ついでに空母も憲法違反」という空気ができがってしまいましたが。
(調べてみると、1998年の内閣法制局長官答弁でも「ありうる」となっている。ホントにここ20年くらいじゃないでしょうか??)


核にしても空母にしても、防衛戦略上「要るか要らないか」という話であって、当用憲法ですら「違憲かそうでないか」という問題ではありません

「憲法変えてないから何もできない」という罠にわざわざ自分から飛び込む事はないでしょう。



で、本当に見るべきなのはイデオロギー闘争ではなく「予算」だと思います。
自衛隊にまともな軍事予算がついているのかどうか。


現実はこちら。

軍事費 支出額・GDP比 国別ランキング(2011年)【ストックホルム国際平和研究所(SIPRI)】
http://10rank.blog.fc2.com/blog-entry-95.html



絶対額が多いから「我が皇軍自衛隊は世界トップクラスの軍隊である!!」などと喜んでいると、現場の兵を殺すことになりますのでやめましょう。

東日本大震災でも現場はかなり苦境に立たされていたことは記憶に新しいところです。


まともな軍を運営しているところでは、GDP比1%未満で運用している国などありません。

やはりどこの国も最低2%は軍事に金使ってるように見えます。


ここんところずっと戦時の米国は4.7%とあります。


リンク先の表の数字で単純に2倍するとおよそ8兆円、それでも支那共産党軍の数字には及びません。

ただ、支那共産党(ついでに北朝鮮、韓国)を調子づかせないためにはそれくらいはいる、ということになると思います。



そういえば、自衛隊の1400億円・1万人増強の予算要求を400億円・300人に削った木下康司という人がいましたね。

奇遇にも木下増税の主犯だったりします。



国土強靭化ももちろんその理念は重要で、有益なものから優先順位をつけて遂行していくべきだとは思います。
ただ、今回の豪雪災害の様に、点や線ではなく面で発生する災害だと交通網の強化だけでは対処しきれず、最後は自衛隊など人による救助活動が強靭化を担保すると思われます。









当たり前のことですが、災害派遣された自衛官が被災者の前で堂々と飯も食えない、といった有様はできるだけ正していくべきだと思います。
こういうことは国民の心がけ、空気だけの問題ですから。


豪雪災害対応に携わった全ての関係者の皆様、お疲れ様でございます。


【国防】戦闘に弱いのは気に入らないらしい
だったら貴方が言うべきことは一つ。

木下


俺たちのアホウ、こと木下の手下・麻生太郎が財務省の年頭あいさつで

「10%増税のために頑張ります」

などと意味の解らない供述を繰り返している模様です。

そちらは近日中に発言集と過去の犯歴でもまとめておくとしましょう。


今日はちょっと別の話題をば。


まごさき


ほぉ。

孫崎せんせー、V-22 Osprey は戦闘に弱いので気に入らないですか、そうですか。


携行式地対空誘導弾に狙われたので回避行動を取ったり機体に損傷を受けたからといって戦闘に弱い、というのは言っている意味がちょっとよく分からないのですが。


オスプレイに何を期待しているんでしょう。
海兵隊員や陸自隊員を満載したまま支那共産党軍の要撃戦闘機と空対空戦闘をやったり、地上から狙って来る兵をミンチにしたりするような戦闘に強い能力でしょうか?

あるいは、誘導弾を2~3発もらっても撃墜されない硬さですか??


まぁ、硬さはともかく、戦闘に強いのでないと嫌だということであれば、こういうのを買えと主張なさったらいかがですか?


800px-AC-130.jpg
a-10.png
f-22.png
f-35.png

これなら文句なし、戦闘に強い航空機でしょう。

特にAC-130やA-10などの攻撃機は、上陸してきた支那あるいは北朝鮮工作員を挽肉にするのに最適です。
現場に死体が残らないのが難点ですが、まぁそこはご愛嬌ということで。



ていうか、オスプレイは輸送機ですので。
孫崎センセー、たしか外交官やってたんじゃなかったっけ???
外務省大丈夫ですか、ホント。



軍事と言えば、戦闘機だのイージス艦だの戦車だの目立つところにばかり目が行きがちですが、こちらも貴重な教訓を与えてくれているのではないでしょうか。












南スーダンミッションに展開中の陸上自衛隊工兵部隊ですが、現在も予断を許さない緊迫した状況である模様。
その中で、佐藤正久氏のコメントは大事な事を教えてくれているのではないでしょうか。


『南スーダン、国連は兵站で苦戦
韓国隊が避難民支援を実施中の要衝ボルは争奪戦の焦点
ただヘリが治安上の理由から首都ジュバか飛べないため、医薬品、食料、弾薬等の兵站支援が出来ていない。
銃弾を日本隊に返すどころではない状況。』


『主力はジュバ国際空港の隣接施設に所在のため、日本隊への兵站支援や緊急患者空輸は、他の派遣地域の部隊比し有利
緊急撤収時も同様だ。
更に日本隊は、隣国ウガンダのエンテベに分遣隊を保有していることも、兵站上、有利だ。』



プロがいかに兵站、輸送、補給を重視しているかが感じられるのではないでしょうか。
また、現代の日本軍がこういう発想を持っていることは、英霊が靖国から暖かい目で見ているのではないでしょうか。

南スーダンミッションの件で「チョンざまぁぁぁw」などとキャッキャ騒いでいるだけの人には軍事は任せたくないものです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。