り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【有効求人倍率】労働者「嫌ならやめたまえ、代わりはいくらでもある」
時代は「ご説明」だ!!

全国民必読 
安倍を操る「財務省7人のワル」をご存じか 
消費税増税のウラで高笑い
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39033



週刊現代木下

木下S




人手不足:景気回復で奪い合い 時給1375円も求人難
http://mainichi.jp/select/news/20140505k0000m020109000c.html


「(午後)9時半がラストオーダーです。入り口を閉めるので、裏口からお帰りください」

東京都心にある牛丼チェーン店「すき家」の店員は、食事中の客にこう告げた。
通常24時間営業だが、3月下旬から午前9時〜午後10時に短縮した。アルバイトが辞め、店を回せなくなった。
別の店では、バイト募集のポスターの深夜時給1325円という印刷文字の上に、手書きで1375円と記されていた



有効求人倍率は上昇 一方、人手不足で営業短縮・店舗休業に追い込まれる企業
http://www.huffingtonpost.jp/2014/05/02/labor-scarcity_n_5251419.html


『厚生労働省が5月2日に発表した2014年3月の有効求人倍率(季節調整値)は前月から0.02ポイント上昇した1.07倍で16カ月連続で改善し、2007年6月以来、6年9カ月ぶりの高水準となった。
ロイターによると、菅義偉官房長官は同日午前の記者会見で、「雇用情勢は着実に改善が進んでいる」との見方を示したという。
一方、総務省が同日発表した労働力調査(季節調整値)によると、3月の完全失業率は前月比横ばいの3.6%だった。』



ブラック企業経営陣の皆様、謹んでお悔やみを申し上げますw


報道は軒並みこれが「異常事態」であるかのような書き方をしていますが、本来コレが普通です。


基本的には、単に長引くデフレで「デフレに過剰対応、過剰適応」しすぎた経営体制を改めれば良いだけの話でしょう。


あの伊藤元重ですらこう言ってますよ。



「人手不足」がビジネスの戦略を変える
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140428/394955/


『それでも、20年も続いた不況とデフレの中で、労働力不足は顕著ではなかった。
景気が悪いとぼやきながら、多くの企業が低廉で使いやすいアルバイトやパートの労働力に依存してきた
しかし、そうしたビジネスモデルがいつまでも通用するはずはない

今回の景気回復による労働力不足は深刻な問題ではあるが、日本の企業の人材活用や労働市場の改革を断行するためには絶好の機会でもある。
この連載でこれまで取り上げてきた流通業などの分野では、特にこの点が業界内の競争の重要な鍵を握っているように思える。

ユニクロはこれまでパート待遇であった社員を大量に正社員化することを発表した。
外資系小売業のIKEAもパート社員の待遇を正社員と同じにすると発表した。
IKEAの場合には海外で行っている慣行を日本でも採用するだけということだが、それでもこのタイミングでのパートの正社員待遇というのは興味深い動きである。』


人材使い捨て型の企業に将来はない

さて、需要の拡大がビジネスに及ぼす影響は、労働者確保の面にも出てくるはずだ。
デフレの時代には、非常に安い賃金でパートやアルバイトを潤沢に採用することでビジネスを組み立てることができた。
しかし、人手不足が顕在化してくると、人材の確保の巧拙がその企業経営の成果に大きな影響を及ぼすようになってくる。

少子高齢化による生産年齢人口の減少というトレンドを考えれば、人材を有効に活用することが、中長期的に非常に重要になってくることは明らかであった。
人材活用で他企業に優れた仕組みを確立しないかぎり、長期的に高い業績を続けることは不可能であるといっても過言ではないだろう。

残念ながら、長引くデフレの中で、現場の雇用はそうした長期的な方向とは逆行した形になってしまった
アルバイト、パートなどの非正規労働の形で、いくらでも人材を確保できたからだ。
不況期には、安い労働力を大量に活用する企業の方が競争上有利になった。
ブラック企業と呼ばれるような労働者を使い捨てにするような企業は、その典型であるといってもよい。

現在のような労働力不足が続くようであれば、こうした人材使い捨て型の企業の将来はないと言ってもよい。
現に、人手不足で店舗閉鎖などを余儀なくされている企業もあるし、人材活用の手法を本格的に見直す企業も多く出てきた。
パート労働を正社員並みの待遇にするという同一労働同一賃金は、欧州などでは社会的常識として広がりつつあるが、これからは日本の企業もこれを意識せざるをえないだろう。』
スポンサーサイト

コメント
こんな時代が
やっとこんな当たり前の時代が来たんですね。
こんなニュースが出るの1980年代以来じゃないかな。
記憶に無いけど。w
[2014/05/07 00:09] URL | rxtype #X.Av9vec [ 編集 ]


rxtypeさん>>

私はそもそも知りませんw
若手にとっては、物心ついて以降は初めての事だと思います。
[2014/05/08 14:12] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/88-5921c0b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)