り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【デフレ派】デフレになると実質GDPが増すらしい
全国民必読 
安倍を操る「財務省7人のワル」をご存じか 
消費税増税のウラで高笑い
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39033



週刊現代木下

木下S

木下会議


木下




ところで、「デフレが進むと実質成長する」と言ってる人がいるようです。


アベノミクス関連データ
京都大学大学院教授
藤井聡
http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/wp-content/uploads/2014/03/channelsakura_20140301.pdf


p.5『そもそも,デフレが進行すると実質GDPは伸びるから,MB増とデフレ進行が相関している可能性もあるが,それを不問に付すとしても.. 』

藤井


デフレーション下での公共事業の事業効果についての実証分析
藤井 聡 柴山 桂太 中野 剛志
http://www.union-services.com/shes/jhes%20data/10_85.pdf


『いわゆる「乗数効果」に関しては、名目 GDP あるいは実質 GDP を用いた分析が可能である。乗数効果が存在す
るなら、公共事業関係費の増減が、GDP の増減と統計的な関係が見いだせるはずである。

一方、「デフレの抑止」という効果の検証に関しては、「デフレーター」を従属変数として活用することが考えられ
る。
すなわち、公共事業によるデフレの抑止効果が存在するなら、公共事業関係費の増減によって、デフレーターが増減するはずである。

なお、本研究では「デフレーション下」での経済政策の分析を目的としているため、実質 GDP と名目 GDP のいずれを用いた検証を行うのかについては、留意が必要である。

なぜなら、実質 GDP は名目 GDP にデフレーターを加味したものであるからである。
ここで図 2 をご覧いただきたい。
何らかのデフレ対策を行い、それが「成功」すれば、名目 GDP(国民の名目所得の合計値)が上昇すると同時に、デフレーターが上昇する(すなわち、物価が上昇)することとなる。

ところが、デフレーター(あるいは物価)が上昇すると、実質 GDP は「低下」することとなる。
つまり、デフレ脱却を目指した対策を行い、それが成功すればするほどに実質 GDP を低下させる効果が存在する、という逆説的な因果関係が存在することが論理的に明らかだという事ができる。』


『実際、図3に示したように、名目GDPは1997年にピークを迎えた後、デフレが進行するに従って徐々に低迷し
ている一方で、実質 GDP はデフレが進行するに従って増進していることが分かる。
それ故、「デフレの抑止」を含めた、事業効果を分析する際には、「デフレが進行すればするほど望ましい水準となっていく実質 GDP」を用いた実証分析は不適当であることが分かる。』



これ、全くインフレ/デフレを理解しておらず、実質と名目がいかなる関係にあるか分からないから間違って書いているのか、それとも「金融緩和するとデフレを促進させる効果があるように見受けられる」と仄めかすためにあえて印象操作しているのか、どちらでしょう。

挙句に、

MB増とデフレ進行が相関している可能性もある

って何??
お金を刷るとデフレが進行するんですか?
そんなことあるわけないでしょう。



まぁ、どーせ次の公式だけ見て何かを思いついたのでしょうが。


実質GDP = 名目GDP / GDPデフレータ


それは良いんですが、どうしてデフレ脱却策を取った際に


名目GDP一定で物価のみが上昇する



あるいは、


名目GDP成長率<<<物価上昇率



という仮定が置かれているんでしょうね?

しかも、自分達で「公共事業によるデフレの抑止効果が存在するなら、公共事業関係費の増減によって、デフレーターが増減するはず」と言っている以上、「公共事業は物価に強く作用しGDPには影響しない」と宣言して自爆したようなものなんですが。


フリードマンのマネタリズムをコンクリートに置き換えたコンクリズムですか?

さらには、彼らの言う「デフレ脱却策」は「実質GDPを押し下げる」そうですから、国土強靭化をはじめ公共事業は実質的な国民経済のパイを圧縮する行為に他なりません

そうであるなら、当方管理人は一切国土強靭化を擁護できず、むしろ積極的に潰しに行く方につかなければなりません。



もう藤井聡とその周辺、何を言ってるのかさっぱりわかりません。


「デフレは貨幣現象ではなく総需要不足」と主張している連中としては、盛大な自己矛盾でしょう。

あまりバカなことを国会で言っていると国家の恥になるのでやめてもらいたいのですが。



デフレ実質1

デフレ実質2



もちろん、定義式を直接的に相関分析(笑)しても何の意味もありませんが、ご覧の通りです。

「デフレ期(@貨幣現象ではない)は別だぁぁ!」というのがどうも特攻かけてくる患者さん達の間で流行しているそうなので、1998年以降で別に相関取りましたが、


名目/デフ相関 = -0.25
実質/デフ相関 = -0.47
名目/実質相関 = 0.97



でした。
まぁ、定義式なので当たり前(笑)ですが。



要するに、デフレ脱却に際しての(失業率引き下げを伴う)GDPの伸びを過小評価し過ぎです。
(評価でなくて単に理解していないだけ、という疑義が濃厚ですが。)


オークン法則
「失業と実質GDPの間には負の相関関係がある」



などを調べた上で、現実のデータを見てみると良いでしょう。

スポンサーサイト

コメント

ん~と、混乱してきたので確認なんですが、
実質GDP(と名目GDP)を基にして求められるGDPデフレータが実質GDPの増減に影響する・・・?

たぶんですけど、「BMIが増えたから体重が増えた」みたいなおかしな理屈、ってことでいいんですよね?

売上が伸びないデフレ下でも実質GDPが成長してるってのは、民間企業の血反吐を吐くような努力や、企業の存続を守るための多くの失業(さらには自殺)という犠牲による産物だと思うんですが、それを「デフレだから伸びただけ」の一言ですか・・・。

これはちょっと本格的に許せませんね・・・。
[2014/05/01 20:17] URL | 空き地 #- [ 編集 ]


空き地さん>>

あれですよ、自覚があるんじゃないですか?
公共事業でGDPを上乗せする他方で、民需を食ってGDPを相殺していることについてw

だから、公共事業は名目GDPに中立であり、物価のみに影響する、というコンクリズムに走ったんですよw
[2014/05/01 20:32] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


>管理人さん

>公共事業は名目GDPに中立

それだと、「公共事業には経済効果なし(乗数効果ゼロ)」ってことになるんじゃ・・・。
いや、増税して公共事業するんだから「1」はあるのか?
でも、そもそも増税額よりも公共事業費の方が少ないしなぁ・・・。

>コンクリズム

どなたかが「フジードマン」って仰っていて笑ってしまいましたよw
[2014/05/01 21:05] URL | 空き地 #- [ 編集 ]


空き地さん>>

まさに真・土建主義。
京都学派のイデオローグ、ナマコン・フジードマンによるコンクリズムの教義は、

・インフレ/デフレはいついかなるときもコンクリート現象である
・コンクリート出動は名目経済に対し中立である

です。w
[2014/05/01 21:47] URL | 管理人 #- [ 編集 ]

デフレ脱却で実質GDP減少
こちらの図参照
猫の遠ぼえ『次の世代に残したい日本』 「雇用の流動化」と「解雇の容易化」
http://ameblo.jp/akiran1969/entry-11636846215.html

オイルショックの時は一時的に実質GDPが下がりましたからね。
当然のことながら、リフレでオイルショックは起きないwので全く関係ありませんが。

おそらく、このレベルの話でしょう。

リフレとオイルショックの区別すらついてない。w

かつて三橋氏はコアコア連呼してたのに、藤井氏はそれすら理解してない疑義が濃厚です。
[2014/05/02 00:56] URL | rxtype #X.Av9vec [ 編集 ]


rxtypeさん>>

そもそも、オイルショックのときは「インフレなのにさらに金融緩和ぶっこんだ」というスタグに近い状態ですから、「マイルドインフレ」や「デフレ脱却策」と比較にはなりませんよ。
[2014/05/02 13:39] URL | 管理人 #- [ 編集 ]

オイルショック
オイルショックはスタグフそのものですね。
短期的にはこういった外部要因で実質GDPが下がるケースはあり得ます。
もちろん、これはリフレや金融政策を否定する理由にはなり得ませんし、
彼らの「デフレになると実質GDPが増す」という主張(?)も当然間違いです。
なぜなら、リフレとは期待インフレ率を持続的にかつマイルドに引き上げることを目標とする政策だからです。御存知の通り、オイルショックは個別物価であるエネルギー価格が下落するコストプッシュインフレであり、一般物価を引き上げる金融政策とは異なります。
[2014/05/02 18:39] URL | rxtype #X.Av9vec [ 編集 ]


rxtypeさん>>

そうですね。
今回もコストプッシュだ、という連中もいますが、必ずしもそうでないことは失業率等の指標を見ればわかることです。
[2014/05/02 21:33] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/85-b0ba763a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)