り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【実質賃金】リフレ派は実質賃金を押し下げようとしている?
君はもう週刊現代 4/26 号を読んだか?

売り切れでもあきらめるなかれ!
amazonなどでも入手可能な模様です!

第二次増税戦役を宣言する!
http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=1217



週刊現代木下

木下



全国民必読 安倍を操る「財務省7人のワル」をご存じか
http://wgen.kodansha.ne.jp/archives/6359/



週刊現代 (2014年4月26日号)紀伊国屋webストア
http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-04-4910206440448



週刊現代 2014年 4/26号 [雑誌] amazon
http://amzn.to/1gX5kh6



#ジーク木下






ところで、今中村氏と患者さん達は「実質賃金ガー」に凝っているようです。


まるでリフレ派は日本人の実質賃金引下げを狙う極悪非道の新自由主義者集団である、と言わんばかりの。


浜田宏一・内閣官房参与 核心インタビュー
「アベノミクスがもたらす金融政策の大転換
インフレ目標と日銀法改正で日本経済を取り戻す」
http://diamond.jp/articles/-/30804?page=6


名目賃金は上がらないほうがよい
その理由はあまり理解されていない


――では、こうした金融政策をやれば、経済はどのような経路で上向くことが考えられますか。デフレから脱却して「名目成長率」が上がり、それがどう「実質成長率」の上昇に結び付いて行くのでしょうか。

物価が上がっても国民の賃金はすぐには上がりません。
インフレ率と失業の相関関係を示すフィリップス曲線(インフレ率が上昇すると失業率が下がることを示す)を見てもわかる通り、名目賃金には硬直性があるため、期待インフレ率が上がると、実質賃金は一時的に下がり、そのため雇用が増えるのです。

こうした経路を経て、緩やかな物価上昇の中で実質所得の増加へとつながっていくのです。

その意味では、雇用されている人々が、実質賃金の面では少しずつ我慢し、失業者を減らして、それが生産のパイを増やす。
それが安定的な景気回復につながり、国民生活が全体的に豊かになるというのが、リフレ政策と言えます。

よく「名目賃金が上がらないとダメ」と言われますが、名目賃金はむしろ上がらないほうがいい。
名目賃金が上がると企業収益が増えず、雇用が増えなくなるからです。
それだとインフレ政策の意味がなくなってしまい、むしろこれ以上物価が上昇しないよう、止める必要が出て来る。こうしたことは、あまり理解されていないように思います。』



浜田参与に「よく名目賃金が上がらないとダメと言われる」と先制攻撃されたためか、「実質賃金が上がらないとダメ」と言い出したワケですか。笑



で、普通に読めば分かる事ですが、実質所得もやがては上昇していく、という考え方です。

まず失業を減らせ、という時系列を理解することがここでのキーポイントだと思われます。

(…という難しい話をしなくても、やっぱり普通に読めば分かりそうな文章ですが。)


患者さんはそこをあえて無視し、「リフレ派は実質賃金を引き下げようとしている」などと印象操作をしてくるわけですな。




そういえば、これと連動して「フィリップス曲線は成立しない!!」などと主張する、これまたノーベル経済学賞を狙う(笑)面白い患者さんの特攻が最近繰り返されました。

おそらく、失業率・実質賃金・予想インフレ率が連動する経済学の知見は都合が悪いのでしょう。笑


関連して、


三橋貴明さんについて
http://arinyan.info/politics/mitsuhashi-takaaki.html





中村氏、本質的に金融政策に対する理解がないためか、白川方明についても対して問題視してないどころか賞賛しています。


世界経済最後の買い手
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-10229941726.html


『この時期、麻生総理大臣中川財務・金融大臣白川日銀総裁という、アカウンタビリティに優れたトリオが日本の中枢に座っている事は、本当に幸運だと思います。』

スポンサーサイト

コメント

そもそも、名目賃金にいたっては、上がっていないともいえない状況ではないでしょうか。実際、賃上げは起こっている状況ですし… 確かに実質賃金は一時的に下がるかもしれませんが、名目GDPと実質GDPが共に成長する状況を実現できれば、徐々に実質賃金も伸びていくものではないかと思います。そのためにも、緩やかなインフレを継続していく必要があると思います。

[2014/04/27 21:42] URL | 凍え馬 #- [ 編集 ]

同じ現象でも、意味合いが違う
【就業者数・実質賃金・コアコアCPIの対前年同月比の推移】
━━┯━┯━━━━┯━━━━┯━━━━
年 │月│就業者数│実質賃金│コアコアCPI
━━┿━┿━━━━┿━━━━┿━━━━
2012│ 1│▲0.77%│▲ 1.3%│▲ 0.9%
2012│ 2│▲0.64%│▲ 0.2%│▲ 0.6%
2012│ 3│▲0.37%│+ 0.3%│▲ 0.5%
2012│ 4│▲0.43%│▲ 0.3%│▲ 0.3%
2012│ 5│▲0.47%│▲ 1.4%│▲ 0.6%
2012│ 6│▲0.10%│▲ 0.4%│▲ 0.6%
2012│ 7│▲0.14%│▲ 1.1%│▲ 0.6%
2012│ 8│▲0.03%│+ 0.5%│▲ 0.5%
2012│ 9│▲0.21%│▲ 0.2%│▲ 0.6%
2012│10│+0.21%│  0.0%│▲ 0.5%
2012│11│▲0.10%│▲ 0.7%│▲ 0.5%
2012│12│▲0.61%│▲ 1.6%│▲ 0.6%
2013│ 1│+0.27%│+ 0.4%│▲ 0.7%
2013│ 2│+0.26%│▲ 0.1%│▲ 0.9%
2013│ 3│+0.50%│  0.0%│▲ 0.8%
2013│ 4│+0.59%│+ 0.7%│▲ 0.6%
2013│ 5│+0.68%│+ 0.2%│▲ 0.4%
2013│ 6│+0.46%│+ 0.3%│▲ 0.2%
2013│ 7│+0.54%│▲ 1.0%│▲ 0.1%
2013│ 8│+0.46%│▲ 2.0%│▲ 0.1%
2013│ 9│+0.81%│▲ 1.5%│  0.0%
2013│10│+0.71%│▲ 1.5%│+ 0.3%
2013│11│+1.18%│▲ 1.4%│+ 0.6%
2013│12│+1.46%│▲ 1.3%│+ 0.7%
2014│ 1│+0.55%│▲ 1.8%│+ 0.7%
2014│ 2│+0.66%│▲ 2.0%│+ 0.8%
━━┷━┷━━━━┷━━━━┷━━━━
【データ出典:就業者数…総務省『労働力調査』/実質賃金…厚生労働省『毎月勤労統計月報』/コアコアCPI…総務省『消費者物価指数』】

同じ、
「実質賃金の下落」
でも、前政権下と安倍政権下に於きましては、意味合いが違います。
[2014/04/28 11:15] URL | 血祭謙之介(NWD) #- [ 編集 ]


凍え馬さん>>

仰る通りでして。
どうも「リフレ派は日本人労働者をシバキ上げて実質賃金をムリヤリ引き下げようとする勢力である」との曲解がまかり通っているようであります。
[2014/04/28 17:50] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


血祭謙之介(NWD)さん>>

全く仰る通りでございます。

なお、一部の患者さん達は、

「今の失業者は失業者ではない!」
「だから失業率を引き下げるため、というのは詭弁だー!」
「俺様の実質賃金をあげろー!」
「今失業している輩はニートか仕事を選んでいる根性なしだから、就職できないなら死んでも構わん!!」

という意味のことを主張して特攻して来ることさえあるようです。

許しがたいことです。
[2014/04/28 17:52] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/83-b55705ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)