り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【賃金】続々・実質賃金
強者だけが生き残る弱肉強食の世界を主張しているのはどっちだ?


木下



【賃金】実質賃金
http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-72.html



実質賃金は、失業率が2%台くらいになったら上がってくるから心配するな、と。
(その際、名目賃金の方が上がる速度は速くなると思われる。)


参考:失業率の推移
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3080.html




ところで、最近の重症罹患患者の人たちは、自説を補強するために自国民の一部を切り捨てたようです。

なお、重症罹患患者と言っても、コンクリート本位制症候群、偽装局外中立・リフレ/財政両成敗妄想病、突発性GPIF発作、併発性逆ケケ中平蔵構造問題原理主義感染症など種類は様々なのですが、一貫しているのは「どこから出てきたかわからない自説」に過ぎない、ということ。



リフレ派の間違い
http://ameblo.jp/yabusame0220/entry-11818357449.html



『それに対して、リフレ政策の真髄は浜田教授が主張するように『物価を上げ、実質賃金を下げることで、企業業績を回復させることで、大量失業問題を解決する』ことである。

今の日本は実質賃金が下がっているが、

失業率は低いのだから

『異次元の金融緩和で物価を上げ、実質賃金を更に下げる』というのは、まともな政策とは思えない
。』


ていうか新重商主義て何だ?


なお、失業率は先ほどのリンク先の通り、日本としてはまだまだ高い数字であります。



で、例によってこれも「脳内リフレ派」に5寸釘をゴスゴス打ち込む、という藁人形論法です。


「金融緩和でデフレ脱却しても経済問題はほとんど解決しない」とは全く思いませんが、逆に「リフレ派が金融政策だけで問題の全てを解決できると主張した」という事実も、当方管理人が知る限りではありません


例えば、以下の記事にまとめた政策割り当てに関するリンク先などを参照。


【供給制約】人手不足は深刻
http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-63.html



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/77-00db71c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)