り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【賃金】実質賃金
なにか、


#ジーク木下


にでも反応しているのでしょうか、デフレ派や統制派による、twitterなどでの金融政策に理解を示す人達への特攻が激しくなって参りました。


直近で当方管理人が目にした妄言。


1.労働参加率が上がらなければ無意味


金融緩和すると労働参加率(就業率)が下がる、というナゾ理論を主張したいらしいのですが、「厚労省の労働力調査を見ろ」で終了です。



2.実質賃金が上がらないと無意味


これは少々考察を加えておきたいと思います。
とりあえず、国税庁の民間給与実態統計調査とGDPデフレータ、及び失業率の数字を使って以下のようなグラフを作成しました。

給与

給与対前年比

給与対失業率

※3枚とも、給与に関する値は左軸



名目賃金と実質賃金が2005年に逆転しているのは、GDPデフレータの基準年が2005年だからです。





問題はその変化。



バブル潰し以前の頃は、明らかに実質賃金よりも名目賃金の方が速く伸びています。
ところが、GDPデフレータの本格的・継続的な下落が始まる1998年頃から、実質賃金の伸びの方が一貫して上回っています

その結果、少しずつではありますが、名目賃金の低下に比べると実質賃金の低下は遅くなり、その動きは一枚目のグラフにも表れていると言えるでしょう。


問題は、これを失業率と合わせた場合。(3枚目)

伸び率で実質が名目を上回り始めた頃から、失業率も一気に上昇して、そのまま高止まりしていました。



日銀QE発動後は、失業率が目に見えて下がり始め、就業率も向上し続けています
一方、一部からは「実質賃金が下がっているじゃないか!!」という批判(誹謗中傷)が噴出。



以上のことから、次のように言えるのではないでしょうか。



1.アベノミクスは、長期デフレ後の失業率高止まり状態から開始された。

2.失業率が高い状態では、まず失業者及び新規労働市場参入者が雇用される。

3.既に(正規)雇用状態にある人の賃金は当面据え置かれるが、非正規雇用など、これから参入する人の賃金が上昇する。(実際に観測されている。) ←今ココ
※ただし、新規に雇用された人や非正規雇用の賃金は、正規雇用の賃金よりも割安である。

4.失業率がさらに低下し、各企業が正規雇用への切り替えを加速させ始めたあたりから名目賃金が全体的に上昇する。

5.実質賃金よりも名目賃金の方が速く伸びる。




なお、企業が雇用を増やすのは、超大根切りして言えば実質賃金が下がるからです。
(もちろん、本当は期待される物価と利益であるとか、色々な要因が絡む「実質賃金」だと思いますが。)

今の段階で実質賃金を先に引き上げるような状態を作ってしまうと、企業はリスクが高すぎて人を新たに雇用することができません。
(大企業やぐろおばる資本が諸悪の根源である、と思っている人にはこの話は通じないと思いますが。)



「公共事業の単価引き上げ」の件もそうですが、実質賃金を政府主導でどうこうしようとすると、現在労働の面で弱い立場にある人にとってはあまり良い結果にはならないでしょう。



その意味で、デフレ派はもちろん、統制派の言い分も雇用、特に今弱い立場にある人達についての思索があまりにも少ないように感じられます。
(つまり、既に正規雇用状態にある人の利益しか代弁していない。)


財政政策をマクロ経済政策として割り当てるのであれば、実質賃金を引き上げろ、というのは引っ込めた方がよろしいように思われます。
(もちろん、政府主導で「実質賃金を引き下げろ」と煽って産業政策をやるようなマネも控えた方が良いでしょう。国民に余計な不安を与え、消費や投資を抑制するかもしれませんので。)
スポンサーサイト

コメント
デフレ派や統制派は
正直者なので痛いときは痛いといってくるわけですね。
その正直さをもって金融緩和なんぞは新自由主義でリフレ派は国体破壊を目指している(謎)
とかではなくて、金融政策でデフレ脱却したら俺らの関連団体が儲からんじゃないかっていう本音を話してくれると良いんですがねぇ。
[2014/03/31 20:42] URL | オットー #- [ 編集 ]


>新自由主義でリフレ派は国

新自由主義新自由主義新自由主義新自由主義新自由主義新自由主義新自由主義
新自由主義新自由主義新自由主義新自由主義新自由主義新自由主義新自由主義
てなんだ?
わかったつもりになってどの猿も言っているがたぶん正確に本とーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーに正確に答えられるやつはいっているやつの中で100に一人いないだろう。ウィキッパでさえすうとおりの意味がある。しかし歴史家いやほんとうにけいざいをしっているごくごくわずかな人でしか、その本当の意味を知らないだろう。
こいつら、あらゆることがかんたんに調べればわかると思っている。
だとしたら真剣に生涯をかけて経済の歴史研究なんてするやつがいる分けない。
こいつらは物すゴーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーく軽く考えその道の数少ない専門化さえ一緒くたにして馬鹿にする。お前達より3桁物知りの人間もいることを知れ。

<金融政策でデフレ脱却したら

この馬鹿表現5京7千兆9000億8000万回聞いた。
しかしそのうちこのあほのみクスは悪いインフレを招きやすい、いやきわめて高い確率で招かざるを得ないと理路整然と解説してるやつ、つまり単に悪いインフレに陥ると解説しているのを一度も見ることはない。


[2014/03/31 22:23] URL | おい小池!アッ違った おい上念! #- [ 編集 ]


オットーさん>>

高橋洋一氏は、その手の団体には「お金配った方が早いw」と言ってましたね。
そういう意味でも財政政策の道は多分にあるわけですが。

公共事業以外は財政に非ず、との認識のようなので、共通理解に至るのは難しそうですね。
[2014/03/31 22:34] URL | 管理人 #- [ 編集 ]

管理人様
本当に痛いときは痛いといってくれるサンプルが即釣れるとは相当追い詰められている感じですねw
以前から管理人様は強靭化での建設的な発言をされていましたので、今の現状を一番嘆いている方に思えて辛いです。
[2014/03/31 22:41] URL | オットー #- [ 編集 ]


オットーさん>>

以前にもウチの受診を希望しているのか、何度も来た患者さんです。
いたわってあげてください。
[2014/03/31 22:51] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


あなたは、もう悩むことはない。
わたしの言ったことをそのまま繰り返したください。
強がらなくていい。
私は実はこのブログで言っていたことが間違いだと最近になったやっと気がついた。でも引っ込みがつかなくなって違うとわかっている経済の解説をして時間を無駄にしている・・・さあどうぞ

>馬鹿管理人・・・・・

さあ、お思い切って さあどうぞ。

>馬鹿管理人・・・・・

いま決断しないと一生ここから抜け出せないんですよ。ここの知恵遅れ信者達のことなんか気にせず。さあどうぞ

>馬鹿管理人・・・・・わ、わ、私は実はこのブログで言っていたことが・・・・

もう一息 あきらめない 回りを気にしない もうすぐ楽になれる きれいになこうと思うな 汚くなけーー

>馬鹿管理人・・・・・わ、わ、私は実はこのブログで言っていたことが・・・・私は実はこのブログで言っていたことが間違いだと最近になったやっと気がついた。でも引っ込みがつかなくなって違うとわかっている経済の解説をして時間を無駄にしている・

そうだ そうだ そのいきだーーーもうー一回

>馬鹿管理人・・・・・わ、わ、私は実はこのブログで言っていたことが・・・・私は実はこのブログで言っていたことが間違いだと最近になったやっと気がついた。でも引っ込みがつかなくなって違うとわかっている経済の解説をして時間を無駄にしている・わわわわわたしがやりました。

やっと社会迷惑の経済初心者を 惑わす馬鹿ブログをやめる決心がついたんだね。
時間を無駄にしたようだけど 世の中には政府に雇われた詐欺師もいると社会勉強になったと思えばいい。 やっと真人間になれたな。
親御さんもこれでようやく後ろ指刺されずに済むな。
[2014/03/31 23:38] URL | おい小池!アッ違った おい上念! #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/72-486944a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)