り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【雇用】アベノミクスは無関係??
【柴山桂太】「第二の矢」は効いている
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/03/20/shibayama-27/


『この資料の「実質暦年(前年比)」を見ますと、2013年の成長率は+1.5%と、2012年の+1.4%に比べて上昇幅がわずかとはいえ、持ち上がったようです。

中味を見ると、「民間住宅」(前年比+8.9%)と、「公的固定資本形成」(+11.4%)などで上昇幅が大きいことが分かります。
つまり2013年の景気回復は、もっぱら建設関連部門が主導していた、ということになります。

他方、民間の「設備投資」は減少(-1.6%)。「輸出」は若干伸びた(+1.6%)ものの、「輸入」がそれ以上に伸びている(-5.3%)ため、入超が続いています。

「個人消費」は伸びました(+1.9%)が、その前の年も消費は伸びていた(+2.0%)ことを考えると、アベノミクスのおかげとは言い切れません。
「個人消費」は、民主党政権の最後の一年だった2012年から回復傾向にあったのです

以上を次のようにまとめることができます。2013年は、消費は堅調で輸出も回復傾向にあるが、それ以上に住宅投資や公共事業の伸びが大きかった、と。
つまり安倍政権の1年目に関しては、「第二の矢」がかなり効いていたわけです。』


これ、消費にせよ雇用にせよ、

2012年から回復傾向だったんだぁぁ!

アベノミクスは関係ないんだぁぁ!


というのはしばしば特攻してくるデフレ派からも聞かれる話です。

また、昨日の藤井聡FBにもあるように、「結局公共事業しか効いてない」と結びつけていますが、正しいのでしょうか?

本当にそうでしょうか?


ためしに就業率のデータを見ましょう。


就業率1

就業率2

(図は政府の労働力調査から。期間の関係で2枚にまたがっています。)


確かに2012年3月~8月まで回復傾向にあったことが分かります。

ただし、震災に伴う補完推計値であることを踏まえておきましょう。
補完推計による過大推計ではないか、と言っても良いのかもしれませんが、それでは攻撃材料を作ってしまうので、別の方向からもう少しマジメに見てみます。


彼らによれば、「結局第二の矢とりわけ公共事業だけが効いていることの証拠である」とのことですから、2012年のこの時期に公共事業が大幅に積み増されているハズです。


(参考)公共事業関係費(政府全体)の推移 国土交通省
http://www.mlit.go.jp/common/001024981.pdf



おかしいですねぇ。
年明けに安倍内閣が組んだ補正予算を除くと、公共事業費がめちゃくちゃ少ないし、民主党政府のもとでは一貫して削減され続けているように見えるのですが。



彼らの論理によれば、「結局公共事業だけが効く」はずなので、むしろ2012年の安倍内閣発足前は悲惨な状況になっていなければおかしいわけですが



で、結局2012年に回復傾向になった理由はコレなのではないでしょうか。


5月2日 参議院予算委員会公聴会 公述人上念司氏
http://kokkai-sokuhou.iza.ne.jp/blog/entry/3066684/



2012年2月、ショボいとはいえ日銀が金融緩和を宣言しています。
(通称「バレンタイン緩和」)

もちろん、その後何もしないという「なんちゃって緩和」だったわけですが、それでもBEI(ブレークイーブンインフレーションレート)はマイナスからプラスに転じ、年内はそのままプラスで推移しています。


同時に、記事で紹介されている消費の動向も雇用と同じような動きを見せています。




もちろん、ショボイうえその後何もしなかった「バレンタイン緩和」がどの程度実体経済に関与したのか、断言するほどの分析能力を当方管理人は持ち合わせてはいません。

ですが、同時に「公共事業が実体経済にあまり関与していなかった」疑いもあるデータなのではないでしょうか。

少なくとも、「2012年から回復傾向だった」事を以て「とりわけ公共事業がマクロ経済政策としても有効である」と断言するのには使えるデータとは思えません

むしろ反証材料であろうと思われますが、いかがでしょうか。



ついでに彼らの言い分について思う事。

どうも供給制約をめぐる議論を「公共事業叩きである」と認識している節があります。

それは全く違います。


批判されているのは公共事業や土建屋ではなく、藤井聡、柴山桂太、中野剛志、東田剛ら西部塾系と三橋貴明、あなたたちの言説です。


それを直視せずに「土建叩きをするな!」と言われてもキョトンとするわけです。
なにしろ、誰も公共事業や土建業を「悪だ」などと言っていないので。

スポンサーサイト

コメント
1%のイン目処
白川が苦し紛れに認めた1%のイン目処でもそれなりに効果があったということでしょうね。
3%のインタゲで日銀法改正し、減税も併用したら、公共事業はなくても確実にデフレ脱却できますね。

もし、安倍首相が退陣したらどうなるのでしょう?
よくて麻生太郎氏のような公共事業ONLYで金融音痴の政権・・・
悪ければ石破のようなマクロ政策自体が全く分かってない上に、歴史認識もダメダメな政権・・・・
考えるだけで恐ろしいです。
そうなったら、全力で自民叩きをせざるを得ません。
4年後の日銀人事でまた白川のようなのが総裁になったら目も当てられないですから。
[2014/03/22 21:35] URL | rxtype #X.Av9vec [ 編集 ]


rxtypeさん>>

インタゲ●%、を法律に書き込んでしまうと運用上問題がありますが、雇用に責任を負う、など、日銀の「独立(笑)」を暴走させないような日銀法改正は断固必要ですね。

[2014/03/24 22:05] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


【柴山桂太】「第二の矢」は効いている


御用学者だとわかれよ
[2014/03/29 22:52] URL | 御用学者 #- [ 編集 ]


おい 上念
おまえ 日本経済をボロボロにする人々というブログくらい知ってるだろ
お前のことを詐欺師みたいに言っている人がいるから
それは違うことを解説したらどうだ。
上のブログのほか お前が御用学者だと言ってるブログがあり
違う問いなら書き込んでくれといっている。
ここにツイッターしてるくらいだから このコメントを見るはずだ。
三橋もこういう行為を一切しないということは怪しさぷんぷんではないか。
ほかの経済学者とかをぼろくそに書いてるから上念と呼びつけにしている。
文句ないだろう 以前からずっと知りたいのは 上念お前は御用学者と勘違い経済学の比率は9対1か7対3かどれくらいなんだ。
まあ、お前のようなのがいるから人口の何割かがこのようなバカブログを真剣に書いたり
あほ極まりないバカなビラ配りまでするんだ。
たぶん10年後に自分の行為とこのブログを思い出したら顔から火が出る思いをするのか。
外出を控えるのかは知らんが 人の人生を誤らせることになるんだ。
罪作りだと思わないか?

[2014/03/29 23:04] URL | おい小池!アッ違った おい上念! #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/69-377642f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)