り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【日銀史観】財政しか効かない
金融政策否定してないじゃん、と言われても実際してるんだからしょうがないじゃん。

木下





コメント欄が酷い。
似非ケインジアンの支持者がたくさん湧いてきて思い込みをブチまけ、言うにことかいてハゲだのアンフェアだのと誹謗中傷をかける阿鼻叫喚の地獄絵図ですな。



素人の思い込み>>>専門家の知見



になることを最も嫌っていたのは、例えばB層で有名な適菜收氏などですが、今回の藤井聡氏による素人的な金融否定、さらにここでは適菜氏が批判する「数学の悪用」の疑いがあるのですが、それを批判しないのはなぜ??



【藤井聡】重要な論点
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2013/10/29/fujii-61/



『第二の矢こそが「必要」だけど、それだけでは金利が上昇するリスクがあり、クラウディングアウト(ひいては、それを起因としたマンデルフレミング効果)を起こすことから、過剰の金利の変動を抑止するためにも金融政策が「必要」である。
しかも、金融緩和はマーケットの期待に肯定的影響を及ぼし得るため、一定程度の水準は「有効」である。

ただし、十分な需要を創出しないままに行う金融緩和は、金融バブルやその崩壊という「金融危機リスク」が高まるため、金融政策は適切な水準で行うことが必要である。(財政・中心主義者)』


この時点で、まず日銀の政策スタンス変更が総需要サイドの政策であることを否定し、「財政しか効かない」と言ってるわけです。
ところがその前にかいてある申し訳のエクスキューズだけをとらえて「金融否定してない!アンフェアだ!」とか言ってる人は全然わかってないんですねぇ。


上記の記事にしても、「財政出動が重要である」というよりは、論旨として金融政策にブレーキを踏ませる世論喚起を狙ってますよね。


国土強靭化を進めるのに金融政策が効かないなどと煽る必要がどこにあるのでしょうか?
何か別の目的があって動いているようにしかみえないのですが・・・。


ちなみに、変動相場制の国に限定して統計しなおせば、同時期の財政出動と回復率の相関関係は、いわゆるスタンダードな統計学の基準から言うと明確に意味のある傾向とは言えない水準になりますが、そこんところどう解釈しているんでしょうか。



その意味では最近の三橋貴明氏も問題です。


思想の対決
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11629263496.html



現在の日本政府及び自民党は、「新古典派」と「ケインズ派」(大雑把に書くと)が激しい路線争いをしています。
両派の違いを一言で書くと、「デフレは貨幣現象」派と、「デフレは総需要不足」派の争いと言っていいでしょう。』



一体どこのケインズを読んだんですかね??
ヨシフ・ケインズさんですか、それとも沢東・ケインズさんでしょうか?



ちなみに、氏の「刷って、借りて、使え」とリフレ派の金融政策論を事あるごとに勝手に修正しようとする態度も気になっていたのですが、この背景にはもちろん「財政しか効かない」があります。

これも「金融否定してないじゃないか!」の根拠としてよく持ち出されるワードですが、残念ながらそうではありません。

なぜなら、日銀のスタンス変更については基本的に効かないと思ってるからで、「借りて、使え」までがひとつのパッケージとして三橋氏とその支持者が理解しているからです。
(金融は財政の補助だ、と支持者が湧いているあたり、どちらが「主」であるかは言うまでもない。)


藤井聡×三橋貴明「『築土構木』と『経世済民』」前編(築土構木の思想 第6回)
http://youtu.be/57RYaMb8dU0


http://youtu.be/51gGmoa2wqs

http://youtu.be/QDfZ_4CWc9E


ここでも「別に日銀がお札すらなくても・・・」とポロっと本音が出ちゃってますよ。


終いには、近頃「貨幣の定義は分からない」などと言い始めました。

マネタリーベース、マネーストック、などの定義を分からずに「マクロ経済」を評論していたとしたら、ちょっと問題になりますでしょう。

さらには、いろいろ立場が違う複数の人物が言ったことを無差別にくっつける傾向が見られるので、リフレ派がトリクルダウンを信奉している、とか、マンデルフレミング理論有効論者は財政無視、とか、いろいろな意味不明な誤解がネットで横行しています。



とはいえ、こうなってしまった事は、戦後日本のケインズに対する誤解や、統制経済以外は新自由主義とする最近の傾向を抜きには語れないのではないでしょうか。


■[経済]中野剛志「「新自由主義」という妖怪」(『WiLL』12月号)を読む
http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20131107#p2


スポンサーサイト

コメント

はじめまして、その動画で俺流経済学で財政中心主義の方とコメントし合いましたが、田中先生がツイッターで示されていた参考図書を勧めても一切読もうとしないみたいです。田中先生が良くネットの知的荒廃を嘆いていますがよくわかりました。
[2013/11/15 14:33] URL | otto #2jvOSugo [ 編集 ]


ottoさん>>

それでも、chくららのコメントではまだまともなのが多いみたいですね。
[2013/11/15 22:16] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/6-57264529
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)