り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【雇用拡大】みずぽ「安倍は憲法を守れ!」国民「お前らは雇用を守れw」
安倍総理、憲法を守れ!
http://mizuhofukushima.blog83.fc2.com/blog-entry-2457.html



twitterでこの件についてみずぽがツイートした途端、何人かのユーザから「お前らは雇用を守れw」とつっこみがw


全く同感で、当用憲法を守るかどうかなどと些末な問題よりも、雇用を守るための政策を一応「左派」ということになっている政党がこぞって否定する状況は異常です。


ちなみに、この手のサヨク政党に「雇用を守れ」というと、決まって返ってくる答えは「雇用規制強化」「法人税増税」「内部留保を吐き出させる」などであり、なぜか日銀QEは「インフレになる!」と反対します。
(いや、御存知の通りマイルドインフレ・総需要拡大をしろと言ってるわけですが。)


共産党や社民党など、サヨク政党が本気で左翼政党になりたいのなら、「本来は左派の政策なのに」と嘆いておられる松尾匡氏などに指導を乞うべきです。


「市民社会フォーラム」でインフレ目標政策を説いた件
http://matsuo-tadasu.ptu.jp/essay__130306.html


インフレ目標つき金融緩和は反新自由主義の政策として打ち出されました
 
(中略)

日本のデフレを見てこの作戦を最初に唱えたクルーグマンさんは、ブッシュ政権の新自由主義政策と闘ってきたアメリカの中では左派系の雄です。

その後、日本でもこれを唱える人が増えていきましたが、それは、学界を支配する新しい古典派との激しい論争を経てのことでした。
それまで学界を支配し、マスコミや政界、官界をも支配していたのは、日本の経済停滞の原因は供給構造問題にあり、不採算なゾンビ企業が生き残っているせいだから、激しい競争にさらして不採算部門を淘汰して生産性を上げようという「こーぞーかいかく」な論調でした。
デフレはグローバル化の影響で、いいことなのだとされてきました。

こうした論調に対して、新しいケインズ派のインフレ目標論者は、日本の経済停滞の原因は供給側にあるのではなくて総需要不足にあるのだとして、人々に膨大な犠牲を強いる新しい古典派の政策論を批判したわけです。』



さらに、TPPを巡る議論に関しても、「基本的に賛成」とする立場の経済学者が多い中、賛成・反対両方の立場について拝読に値する記事を書かれておられますので、TPPに本気で反対なら共産党・社民党の皆様はよく読まれておくべきだった。

共著『TPPと日米関係』の件ほか
http://matsuo-tadasu.ptu.jp/essay__120914.html


『この本全体が、拙著の『痛快明解経済学史』などから引用してくれて見せているとおり、「反経済学的発想」を批判して「経済学的発想」のしかたを説明している本と言えると思います。

世の中食うか食われるかであって、その成否は意図的に人為を尽くして力を振るった結果だと見るのが「反経済学的発想」の根本です。
それに対して、取引はウィン・ウィンであって、経済はその意図せざる合成結果として自律運動すると見るのが「経済学的発想」です。

中野さんはじめ、TPP反対論の多くは、典型的な「反経済学的発想」です。
本書はそれを小気味よく暴いて批判しています。
そして、それに対してリカードの比較生産費説など、経済学的に正しい発想のしかたを示してみせているわけです。

しかし問題は、「反経済学的発想」なのはTPP反対派だけではないということです。
この本ではTPP反対派の批判しかしていませんけど、実はTPP賛成派も負けず劣らず「反経済学的発想」ぞろいです。
まるで重商主義のような理由付けでTPPを推進する議論があふれています。
それに、総需要不足の中で輸入が自由化されたら失業が増えると思いますが、そういった問題にもあまり触れていません。
それが上であげた拙稿の議論と違う点。

(追記:最初周知のことと思って書いてませんでしたが、若田部さんはボクと同じく、金融緩和で人々にインフレ予想を抱かせることによって総需要を拡大し、景気を回復させる政策を主張している人で、もちろんこの本でもそのことが提唱されています。

そのような総需要拡大政策をとった上で、貿易のメリットについてはTPPでとおっしゃっているので、「TPPで景気拡大」みたいなヨタ話を書いておられるわけではもちろんありません。
念のため。ボクもちゃんとした総需要拡大政策がとられるならばTPPに反対ではないので、結局のところ言っていることは同じようなものなのです。)』

スポンサーサイト

コメント
これはおもしろい。
これはおもしろい。
「インフレ目標つき金融緩和は反新自由主義の政策として打ち出されました」
金融政策を否定するデフレ派こそ新自由主義者というオチですね。
[2014/02/15 20:42] URL | rxtype #X.Av9vec [ 編集 ]


rxtypeさん>>

田中秀臣氏も同様で、小泉内閣のケケ中平蔵を批判する本を出してますよね。
あれも「構造改革で景気回復」というヨタ話だったというわけです。

だからといって「構造改革(規制緩和)を口にする者は即ち国賊」という話でもないわけですが、どうしても他の政策との絡みで考えるのは難しいと言う人が多いように思われます。
[2014/02/16 11:26] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/56-2b85bf3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)