り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【ケケ中平蔵】ケケ中平蔵は「日本をぶっ壊した主犯」なのか
インターネット選挙運動の解禁に関する情報
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10.html


現行の選挙運動の規制
http://www.soumu.go.jp/senkyo/senkyo_s/naruhodo/naruhodo10_1.html



●東京都知事選挙では「田母神としお」とお書きください。

田母神としお
http://www.tamogami-toshio.jp/




なぜかtwitterでケケ中平蔵の話になったので、いろいろと思いだしたこと、調べたことをまとめ。

ちょうど安倍総理の靖国参拝直後、例の東田発狂メルマガで、なぜか「話は変わるが、竹中はクビだ」と書かれたり、ケケ中をちょっと褒めただけで東田君に新自由主義者認定された浜田参与の件もありますし。


ところで当方管理人の立場を先に言っておくと、一年ほど前までは中野剛志的理由でケケ中平蔵が嫌いでしたが、その後諸々の勘違いを外していき、嫌いの理由が多少変わったことと、ケケ中の過大評価をやめたことが前との違いでございます。


一刀両断して言えば、何かのためにそれなりの取引材料にできるのなら、別にクビにしても良いんじゃない?くらいの扱いです。



ちなみに、小泉・ケケ中を巡る政治の動きはこちらを見ましょう。
ガチの政治学研究本なので、読むのはそれなりに大変です。

東洋経済新報社
発売日 : 2010-08-20



それで、経済学では規制改革をどういう風に見ているかということ。



こちらから。

第7原理:政府は市場のもたらす成果を改善できることもある


政府が市場に介入するのには、二つの大きな理由がある。
一つは効率性を高めるためであり、もう一つは公平性を高めるためである。
つまり、多くの政策は、経済のパイを大きくすることか、パイの分配方法を変更することを目的としているのである。(p16)』


そこで、ケケ中平蔵の言う構造改革とやらが、パイを大きくする話なのかそれとも再分配の改善のためなのか、氏の発言からはどうにもごっちゃになっていて分からない


■[話題]藤井聡『プラグマティズムの作法』
http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20120421


『例えば、本書では日本の長期不況の原因は総需要不足ですが、それがなぜ持続しているのかの説明はありません。
あるとしたら、それは政府や経済学者たちが「自由化モデル」での処方箋でしか、この総需要不足に対処してこなかったから、ということでしょう。
確かにこれは小泉政権前半に顕著でした。

僕らも『構造改革の誤解』で、「構造改革なくして景気回復なし」と唱えた小泉政権や竹中氏の政策観を批判しました
目的と手段のミスマッチゆえです。

ただ小泉政権後半は、いわゆる「溝口・テイラー介入」(これは実際には「竹中介入」が妥当だと高橋洋一さんは指摘しています)など総需要不足に立ち向かう政策を実行しようとしました
また公共事業は削減されたが、他方で失業率の改善、また経済格差のストップ、など各種の経済指標の改善がみられたのも、小泉政権後期から06年ごろまででしょう。
これは公平にデータからみなくてはいけません(ここ参照)。

藤井氏の主張はその意味では、「自由化モデル」に基づく政策が日本の長期停滞を惑わしているという点では拝聴すべきものがありますが、実際に実践的な政策としては、公共事業拡張的な旧来の教科書的なケインズ政策ではかなりの限界があります。
もちろんうまく設計した恒常的な財政政策(それは裏面では恒常的な金融政策と同一なのですが)を行えば、いまの停滞をよりプラグマティストの作法で切り抜けられるでしょう。』



そこへきて、やれ「既得権益」だのやれ「埋蔵金が出る」だの、余計な恨みや政策に対するミスリードをばらまくような不用意な発現も多く、あるエコノミストの言葉を借りれば「危うい」、当方から言わせてもらえば「発言が雑」なことが多いと。


少なくとも現実を見れば、規制改革や構造改革と呼ばれるものは原則「再分配政策・公平性確保」としてなら意味を持ち、また容認されるべきもので、「パイの拡大」は短期の調整には財政、第一義的には金融政策がカギを握るものだと考えて良いのではないでしょうか。

もちろん、中長期のスパンでは「必要な効率性の確保」も入ってくるでしょう。

(この話は「市場支配力」つまり独占や寡占の問題抜きにやると間違うので、これはまた次回。)

確実に言えるのは、「シバキ上げ」「売国」「外患誘致」を目的として議論されるものではないし、今後ともされるべきでもありません



ところで、「ケケ中平蔵が日本を壊し、長期デフレに叩きこんだ主犯」とする説はどうでしょうか。
当方管理人の今の理解では、それは例の「日本軍最強伝説(笑)」くらい言い過ぎだろうと思います。

言い換えれば、「ケケ中平蔵を褒め過ぎ」です。

旧日本軍最強伝説コピペの最新バージョンがすごいことになってる
http://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50328832.html




まず、真正保守(笑)には不都合な真実かもしれませんが、ケケ中は小泉内閣だけでなく小渕内閣でも財政出動を提言しています。

竹中平蔵wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E4%B8%AD%E5%B9%B3%E8%94%B5#.E5.B0.8F.E6.B8.95.E6.94.BF.E6.A8.A9


『1998年(平成10年)7月、小渕内閣の経済戦略会議(議長:樋口廣太郎)の委員に就任。議長代理の中谷巌を中心とした学者グループの一員として、戦略会議の理論的支柱を形成した。
この経験が、のちに竹中が経済財政諮問会議を切り回す土台となったとする説もある。

会議の結論としては、日本の短期経済政策には金融健全化と大胆な財政出動を伴う追加的景気政策が必要とし、内閣総理大臣小渕恵三に対し「10兆円を大きく上回る規模の追加的財政出動」などを提言した[9]。
その後、「日本経済再生への戦略」と題した答申を発表した[10]。』


その一方、例の木下増税政局ではいち早く増税賛成を宣言するなど、この男ははっきり言って何を考えているのかよく分かりません。

おそらく確実なのは、多分ケケ中の脳内での関心事は


構造改革(産業政策)>>>マクロ経済政策


なんだろうということだけでしょうか。

なので、別に全力で擁護するほどの男ではないのは確かです。


ただ、「ケケ中平蔵主犯説」を唱えて白川方明、勝栄次郎、木下康司らをスルーしようとしたのであれば、それは危険な捻じ曲げであったろう、ということは間違いないと思います。



ところで、話は変わるが木下康司と手下の麻生太郎はクビだ。(笑)


スポンサーサイト

コメント
似非理論をぶっ壊せ
皆さんこんばんは

私は三橋氏や上念氏の似非理論を完璧なまでに暴く自信があります。
今後破綻状態になる日本経済に対して少しは身を守る方法も教授しようと本を出そうと思うのですが、興味ある人いますか。
このような馬鹿政治家が将来ふんぞり返って自ら招いた破綻の種の責任を絶対に認めない態度が、今から浮かんできて頭に来ますが、みんなはどうですか。
戦略を考えていて、まずは三橋のユーチューブから攻略しようと思っていて全滅に追い込み、それから・・・まあ本が売れなかった場合そうしようかと。
[2014/02/08 00:58] URL | ジャイアント馬場 #- [ 編集 ]

ボンビーなの?
>デフレ派貨幣現象ではない」などと敵視する んでしょう

デフレは貨幣現象ではない これ、そのまま正解だよ。
それが何か・・・・。
やりたくない馬鹿の再現を使ってしまった私でした。
有吉サワではありません。
ボンビーガールの時間はまだ。

[2014/02/08 01:04] URL | ボンビーガール #- [ 編集 ]


↑一週回って周回遅れの特攻攻撃を受けましたw
皆様よく見ておいてくださいw

なお、当方は削除して上げるほど優しくありませんw
[2014/02/08 10:59] URL | 管理人 #- [ 編集 ]

お宅の末路
   ↑
お宅の末路
説明不用。
記念碑。
[2014/02/08 20:29] URL | お前馬鹿 #- [ 編集 ]


へいへい、そんなバカに粘着、ムダな労力ご苦労さんw
[2014/02/08 21:06] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/50-800b899d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)