り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【マンデルフレミング】マンデルフレミング効果はデフレでも起きる
ポイントなのは変動相場制と実質金利上昇期待


木下





まぁ、これを聞いて頂ければそれが全てですけれども。

あと、こちらも参考に。


ケインズを使ってリフレを否定するのは愚か
http://ameblo.jp/typexr/entry-11654474028.html



デフレではマンデルフレミングは無効?
http://ameblo.jp/typexr/entry-11653031349.html



為替相場推移
http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/graph.html



為替レートの推移 - 世界経済のネタ帳



明らかにマンデルフレミング効果が観測されたのは次の通り。


1.1995年阪神淡路大震災直後

2.2011年東日本大震災直後からしばらく



これについては、大規模財政出動を予想したためか円買いとなり、円高が急速に進行しています。
このとき、日銀は金融政策による対応を取っていません。
(阪神大震災に関しては、後手に回ったものの金利引き下げの対応により円高収束。)


さらに、2009年の麻生政権のリーマンショック対応、これも財政出動のみでやってしまったので円高がスゴイ勢いで進んでいます。
(これはマンデルフレミングモデルの発動だろうが、外国中央銀行との金融緩和速度の違いだろうが、日銀が動かなかったことが根本原因であることに変わりはない。)


このように、円高対策と称して財政出動だけでやってしまうとさらに円高が進むという悪循環となります。


なお、「デフレではマンデルフレミング効果はあてはまらない」なる論が出ているそうですが、それはおそらく「名目金利」しか見ていないためでしょう。

実際には、実質金利上昇予想に反応して円高が進むため、上記の様な事態が発生します。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/5-73733e67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)