り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【TPP討論】本当の「現実」と向き合えますか?
こんなの絶対おかしいよ!

逝ってしまったわ…円高の理に導かれて…

聞き分けがねぇにも程があるぜ三橋!!



ああ、コレが世に言う魔女化というヤツなのか。
まぁ、あの人男ですけどね。


すいません、のっけからネタに走りました。
しかしまぁ、話題になってるようですが、先日のch桜のTPP討論、三橋氏、水島社長の態度、発言内容は酷かったですね。

堕ちる所まで堕ちた、ということでしょうか。



「アメリカ陰謀論言ってる人なんてここにいるんですか?」にもぶったまげました。

これは、三橋編集長による東田剛討伐宣言、と見てよろしいんでしょうか?


またそれ以上に、

三「それって需要が増えるって前提ですよねぇ?」

には驚愕しました。


え?、

需要が増えないという前提

でモノ言ってたんですか?三橋さん??
あなたつい最近もデフレ脱却がどうのこうの言ってませんでしたっけ?


あぁ、アレですか。
「安倍は金融政策『だけ』しかやってないので需要が増えるハズがないし、物価も全く上がってないハズだ」と思い込んでるんですか???


その件なら、コレで終わってるハズなんですけどね。

【建設】建設業界の供給制約は公共事業のせいだけではないかも
http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-19.html



地方の資材高騰と人手不足懸念 東京五輪に対する意識調査
http://www.kentsu.co.jp/feature/view.asp?cd=315#09_top



それとも、この現実を受け入れたからこそ、「公共事業ができないならもうどうすることもできない、デフレを甘んじて受けるしかない、総需要は増やしようがない」などと敗北主義に走ったのでしょうか??


正直言って、東京五輪についても、五輪それ自体について大規模にインフラ新設をすることは、時期的に見て当方管理人は反対です。

むしろ、復興、首都圏等大都市圏の周辺インフラの整備(既に輸送力の限界に近いように思われる)、老朽化対策、
等々、安全保障上の理由も含めて急を要する分野が多く、五輪に優先的に回す余裕などないと思われます。


外国人活用論を警戒/人手不足対策で業界、「魅力失う悪循環」/中長期視野不可欠 [2013年11月14日1面]
http://www.decn.co.jp/?p=2067


『建設投資の拡大で人手不足が深刻化する中、外国人労働者の活用で乗り切ろうとの動きが出ることに業界内から警戒の声が出始めた。
外国人単純労働者の安易な受け入れはダンピングの横行や就労環境の悪化を招き、業界が魅力を失う悪循環になりかねないとの危惧があるからだ。
ただ、防災対策や老朽インフラの維持更新、東京五輪やリニア新幹線などの大型プロジェクトも控えて人手不足の解消は緊急課題。
即効性のある対策が見いだせないのも実情だ。

「『技能労働者が足りないなら海外から人を入れられないか』。そんな声がしきりに聞かれるようになった」。
ある地域建設業のトップはそう話す。

外国人労働者の活用は、バブル経済で建設需要が拡大した1990年代初めにも話題になったことがある。
今回も同様に建設需要の増加が背景にある。
復旧・復興工事の本格化によって被災地の東北地方で始まった人手不足が首都圏などにも波及。
さらに安倍政権が経済対策の一環で公共事業の積み増しにかじを切り、景気の回復期待で民間投資も上向き始めたことから、人手不足はほぼ全国的な問題だ。
さらに2020年東京五輪の開催が決定。14年度に着工予定のリニア中央新幹線など大型プロジェクトも少なくない。
人手不足の問題はこれからさらに深刻化するとの見方が強い。

一方、業界側では、人手不足の最大要因は事業量の増加ではなく、低賃金をはじめとする厳しい就労環境や、建設投資の先行きが見通せない将来不安にあるというのが共通した見方だ。
震災前まで続いた公共事業の削減や長引く景気の低迷で建設投資はピーク時のほぼ半分まで縮小。
この間に多くの労働者が業界を離れた。
小さくなった市場で激しい競争が繰り返され、低価格受注が賃金などの労働環境にしわ寄せされたからだ。

業界関係者の間には、「安い労働力に依存するやり方は将来に禍根を残す」「基幹的な労働力を将来にわたって確保することが本質」といった警戒の声が上がる。
仮に技能労働者の賃金が低水準のままでいけば良質な労働力を将来にわたって確保できなくなり、産業自体が成り立たなくなる。
ただ、「人手不足と建設価格の上昇がこのまま続けば、民間発注者がプロジェクトの発注を手控え、民間の建設不況を招きかねない」(業界関係者)と心配する声もある。』



現場が一番真剣に悩んでますよね。
安易に外国人、という事にすら走らないので。

今必要なのは、遮二無二公共事業総額を増やせばいいということではない、という点を現場が一番感じている事が分かる記事だと思います。

それこそ、今あるリソースを最大限効率的に運用していかないと、次期大震災に間に合わないと思いますけどね。
自民党内で二階強靭化やってるようでは話になりません。

スポンサーサイト

コメント

やはり少子化問題と同じ構図ですね。
いくらカネを積んだところで、モノやサービスには限りがあります。
兵站をなんだと思っているんだ(ry

まぁ、これでよく戦略を語れるなあとは思います。
まだJR東海の方がマシです。
[2013/12/17 23:05] URL | 廃韓 #oJwj7NE. [ 編集 ]


廃韓さん>>

これに関して、的を射たコメントを別の場所で頂きました。

「皆死ぬしかないじゃない!!」 (虚淵的な意味で)

まさに今の彼らのやり口は「公共事業できないなら皆死ぬしかないじゃない」状態かと。
清算主義、敗北主義もいいとこです。
[2013/12/18 00:09] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/22-8480e1e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)