り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【リフレ】財政政策のメニュー
破綻商売に入り込むことを「紫化」というらしい。


木下


相も変わらず「金融政策だけ」と煽っているあの方面、まぁ三橋氏周辺ですが。
そもそも、アベノミクスにおける予算ってそこまで緊縮財政でしたっけ?

木下消費増税のことを言ってるのなら、あのときジャマしたのは誰だ、と何度も言っておきましょう。


変動相場国のリフレーションにおいては、「金融が主(必要条件であり、70%~70%)、財政が従(20%~30%)」ではあるけれども、本来「財政は全くイラン」などという極論は誰も言っておりません。
(現状、木下に財政が期待できるか、というのはまた別の論点です。)

田中秀臣氏による石橋湛山のリフレ論の解説によれば、考えられるメニューは以下の通り。


1. 伝統的金融政策
2. 非伝統的金融政策(買いオペ増額と対象の拡大、インタゲ)
3. 財政政策
 i. 所得税減税、法人税減税
 ii. 消費税減税
4. 財政政策と金融政策の合わせ技
 i. 公共投資等財政支出拡大
 ii. 長期国債引き受けによる減税、政府支出拡大
 iii. 政府紙幣発行



このほか、給付付き所得税税額控除(注:ベーシックインカムとは全く別物)等の事実上の減税政策等も考えられます。

また、政府支出の使い道についても、

・社会保障負担の軽減
・補助金
・職業訓練機会の創出
・住宅手当、失業保険
・学校教育、国防、保育等の直接雇用


など、かなり広範囲にわたって国家がやらなければならない事がありますので、メニューは多岐にわたります。

個人的には、国内向け公的奨学金の創出と充実は早期に手を付けて欲しい分野です。
(誤解されていますが、現在日本には日本人向け公的奨学金が事実上存在しません。存在するのは学資ローンのみです。)


まともな教育を受ける機会がかなり制限されている戦後日本ですから、特にアルバイト等に時間を割くことなく、学生自ら良書や直接的機会を得るためにも、一人でも多くの学生の学費確保は重要な政策となります。


より詳細な解説は、著書及び以下。

財政政策をめぐる雑感
http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20120716


政府の財政政策を考えるキーポイント
http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20090910#p4


日銀とのアコードが「日銀の独立性」を阻害する?
http://d.hatena.ne.jp/tanakahidetomi/20090911#p3


マンデル・フレミング効果ではないかもしれない
http://d.hatena.ne.jp/Yasuyuki-Iida/20120715#p1



で、もちろん怒ってる一般人も当方管理人だけではなく、

三橋さんに【重要】な質問
http://ameblo.jp/typexr/entry-11715998619.html


『40 ■三橋さんに【重要】な質問
小渕内閣のとき公共事業を増やしたということには同意してくれると思いますが、そのときには、マンデルフレミングは効かなかったのでしょうか?

小渕内閣発足98年7月 140円
小渕内閣最後00年4月 105円


この時期、滅茶苦茶円高になってますが、これはどう説明するのですか?
この問題はすごく重要です。

この為替の問題をスルーするようだと、
三橋さんを信用できなくなります。
中野剛志氏らの考えではなく、三橋さん本人の考えを聞きたいです

また、「実体経済」に失業率などは含まれないのでしょうか?
失業率という重要な指標をなぜ使わないのか不思議
です。
rxtype 2013-12-01 23:39:35』


『46 ■もうひとつ気になった点
金融緩和しても、株価と資源価格だけが上がって物価が上がらない?

その、量的緩和とはなんですか?
日銀が主に国債を買うことです。
もしも本当に、日銀が国債を買っても物価が上がらないのなら、国債の全てを買えばいいでしょう。
利払が0円になるのですから。→国庫納付金
そうすれば、利払に消えていたお金で公共事業でも減税でも何でもできますね。

通貨戦争?
アメリカもEUも足並みを揃えて通貨を刷れば、全世界の景気が回復するだけでしょう。
昨年までの日本のように、通貨発行をサボっていた国だけが凋落するだけです。

最近、マルクス主義的に、資本主義は崩壊する的な言論が増えてきているようで気になってます。
どうしちゃったのですか?
rxtype 2013-12-02 00:39:23』



で、紫化(赤化?)したり白くなったりして迷走している財政派(土建派という説もあり)は、


・所得税の累進性強化支持
・法人税減税絶対反対
・給付はタダ乗りだからダメ or GDPに寄与しないからダメ
・給付付き税額控除をベーシックインカムと誤認して反対
・平然と消費増税は公共事業増額とを引き換えに ←気が付いたら公共事業消滅



など、公共事業以外はどっちかというと緊縮財政に振ろうとする傾向が出てきました。

なんか共産党や社民党の公共事業版と言えるかもしれません。



まぁ、我が国が固定コンクリート相場制(笑)の国で、かつ木下康司を排除できていたら、それでも運用できたかもしれませんが、今や公共事業をひたすら増やそうとすれば確実に火を噴くことが予想される状況です。

どうしても財政で、ということであれば、国防系、給付系、減税系の政策を日銀赤字国債直受けと組み合わせるべきなのですが、彼らは特に給付系、減税系に「反対」です。

支出系、とりわけ公共事業じゃなければダメだと。


国土強靭化はデフレとは切り離せ、安全保障政策でやれ、国土安全保障省なんかどうだ、と、当方管理人としては彼ら以上の国土強靭化強硬論と思えるものを提案しても、なぜか抵抗してきます。

一体何なんでしょうね。
スポンサーサイト

コメント

給付系はバラマキ扱い、減税系は利権扱い(→軽減税率)というわけなのでしょうなぁ。
民主党の傷跡がデカ過ぎるとも言える。

・・・もうあいつらは完全に宗教入ってますよ。それもとびっきりアレな奴が。
[2013/12/06 19:49] URL | 廃韓 #wjF23NZ2 [ 編集 ]


廃韓さん>>

現場のコメント欄も酷い状況ですね。
[2013/12/07 13:34] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/17-ce9269ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)