り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【コンクリ経済】コンクリート本位制
彼らの言動の本質を一言で表すなら、この言葉しかない。


木下



「金融政策『だけ』やるのは新自由主義」

「金融緩和で『ジャブジャブにしたマネー』が新興国に流れ込む」

「とりわけ公共事業による需要創出に見合う『節度ある金融緩和』」




これらの本質を一言で表すなら、


コンクリート本位制


以外にないのでは。
大昔は金本位制というのがありましたが、それの応用でしょうか??


しつこく言いたいのは、

公共投資が大事で、インフラを重視する

ことと、

金融政策を公共事業にペッグする

事は全く違う、ということ。

何を思ったか、どうも今の国土強靭化派の中に後者の思想がかなり浸透してきているような。



以下、wikipedia風に。


****************************************************



コンクリート本位制


コンクリート本位制とは、一国の貨幣価値(交換価値)を公共事業に裏付けられた形で金額で表すものであり、商品の価格も公共事業の量を標準として表示される。

この場合、その国の通貨は一定量のコンクリートの重さで表すことができ、これを法定石平価という。
通貨発行は、公共事業量に追随する形で行われ、それを超える事はバブルであるとみなす。



概要


狭義では、その国の貨幣制度の根幹を成す基準を公共事業と定め、その基礎となる貨幣、すなわち本位貨幣をコンクリートとし、無制限通用力を与えた制度である。
これは特にコンクリート本位制という。
つまり、コンクリートそのものを貨幣として実際に流通させる事である。
実際には、重量物になりがちなコンクリートは持ち運びが不便などの理由により、コンクリートを流通させられない場合が多い。

そこで、中央銀行が公共事業との交換を保証された兌換紙幣とその補助貨幣を流通させる事により、貨幣価値を公共事業に裏付けさせる事が行われた。

コンクリート本位制においては、自国でコンクリート本位制を実施出来ない場合は容認されず、これを行っている他国の通貨と自国通貨との一定の交換性が保証されている場合でも、自由貿易等を行う事は新自由主義と呼ぶ


マクロ経済政策、もとい、マクロ土木政策の指標としては、便宜的に物価指数、GDP、等を用いることもあるが、最終的には公共事業総額を成長の指標とする






固定相場と変動相場


コンクリート相場においては、固定コンクリート相場変動コンクリート相場の二つの制度がありうる。

固定コンクリート相場は、主にコンクリートの供給力が、その国において消費されると想定される量に対してほぼ無限である場合に可能となる。

コンクリートの供給に制約がないため、コンクリート相場を固定することで公共事業の安定をはかる。
固定コンクリート相場の国においては、マクロ土木政策としてコンクリート出動が有効である。


変動コンクリート相場は、コンクリートの供給力が、その国において消費されると予想される量に対して有限である場合に取られ、通常はこの仕組みになることが多い。

供給力と需要の均衡により、コンクリート相場は変動する。

コンクリート相場の高騰においては、変動コンクリート相場の国ではマクロ土木政策として量的コンクリート緩和が有効である。



流動性の罠


公共事業の量が不足すると、全国にある流動性を持つ生コンクリートの量が少なくなり、固化済みの完成した建造物の比率が相対的に増えることになる。

これを流動性の罠(物理)という。


流動性の罠に陥ってしまったら、新たにコンクリート出動をすることで流動性を物理的な意味で回復することができる。



論争


現在の我が国においては、角栄時代の旧平価でのコンクリート本位制復帰が大半を占めている。

また、我が国は変動コンクリート相場国であるが、量的コンクリート緩和ではなくコンクリート出動のみを強硬に主張する傾向があり、これはもし健在なら、彼らにコンクリート本位制離脱を指導するであろう高橋是清もあの世から苦々しく見ているのではないか、という声もある。


また、コンクリート本位制においては、金融政策が公共事業の量に追随し、あくまで公共事業の弊害(例えばマンデルフレミング効果)の打消しのためだけに割り当てられるため、その自由度が制限される。

一部の経済論客からは、「金融政策の自由度が公共事業の消化能力に制限されるので、デフレを招くのではないか」との指摘もあるが、コンクリート本位制においては、全てのマクロ土木政策指標は公共事業総額によって動くとみなされているため、デフレについても公共事業総額の不足が原因と考える

このため、論争は平行線となったままである。


****************************************************



・・・なんか、当たらずとも遠からず、って感じですね。

スポンサーサイト

コメント

キリスト教的に解釈すると、こうなりますね。
「金の像に代わる新たな神を欲した結果、彼らはコンクリートで偶像を造ることを選んだ。」
新しいのか古いのかよくわからない宗教ですな。
[2013/12/05 18:51] URL | 廃韓 #wjF23NZ2 [ 編集 ]


廃韓さん

本日、完全に紫化(または赤化)してしまったようです。
「金融政策否定してない!」と前線でガンバっていた純情なる支持者の皆さんがあっさりと斬り捨てられ、浮かばれませんな。
[2013/12/06 17:26] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/16-5c29db7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。