り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【消費税減税】代表なくして課税なし
めんどくさいからwikiを引用します。

代表なくして課税なし
https://goo.gl/EapmEA


『当時、イギリス領であった北アメリカ東部に植民していた人々は、税を課せられていながら自ら選出した代議士をロンドンにある英国議会へ送ることが許されておらず(投票権を持たない議員を1人だけ送ることが許されていた)、これを不服とした植民地民の間でイギリス本国への反感が生まれ、独立への気運を高めた。
「代表無しの課税」はイギリスの行った主要な不法行為の一つとしてアメリカ独立宣言においても挙げられている。』


今日本で生きていると、以上の原則をかなり誤解しそうなので、くどいと思いつつ念を押しておきます。

当時のアメリカ植民地民の認識としては、「代表なくして増税しなかったこと」が不当だと言っているのではありません

代表なしで課税することが不当だと言っているのです。


そんなの当たり前じゃないか、と思う方にはこれ以上の説明は不要です。



ところで、今の消費税を巡る我が国の言説では、たとえ増税反対派を自称していても、


解散なくして増税阻止なし


が大半をしめています。
米国独立宣言で主張された「代表なくして課税なし」と真逆であることがお分かり頂けるでしょうか。
簡潔にまとめると、

代表なくして課税なし
=増税するためには国民の信を問い、議会の承認を得なければならない
=増税が政局・非通常



解散なくして増税阻止なし(今の日本)
=増税しないためには国民の信を問い、議会の承認を得なければならない
=増税が通常、増税しないのが政局・非通常



これを本当にやったら、SEALDsあたりが言っている変な意味ではなく、正しい意味で非立憲行為です。
増税延期、凍結、減税、いずれの場合でも、最初からそれを理由とした解散などすべきではありませんし、参議院で「増税しなくても良いか信を問う」と主張することも問題です。

これが慣例になってしまうと、「一内閣最低一増税原則」みたいなものが成立しますので、増税反対派にとっても今後も後を引く十大な過失になりかねないのですが、「経済さえよければ後はどうでもいい」という方も散見され、あまり興味がないようです。


「じゃぁどうすれば良いのか」と聞かれると思うので先に言いますが、結論は「とっとと減税の審議に入れ」です。
どうも世論も官邸も選挙を待って動くような感じになってますが、選挙とは無関係に減税の審議に入るべきです。
(ただし解散をチラつかせて突きつけるのは可。多分それは必要になる。)

与野党が増税で結束するようなら、そこで小泉方式的に理由を付けて解散すればよろしい。


なお、経済学的には減税が必要という結論が出ております。
最近の記事で言うと、例えば以下をご覧下さい。
(注:十分なリファレンスではありません。
また、「最近になってリフレ派が減税を言い出した、増税派だったくせに」などという意味不明な誹謗中傷が出回っておるようですが、そういうものの根拠にはなりえません。なぜなら、田中氏はじめ、以前から、各時期の政治レジームに応じて消費税増税反対、むしろ減税の必要を訴えていたからです。)

増税先送りは当然! 消費減税こそ日本経済を救う
田中秀臣 2016/03/28
http://ironna.jp/article/3028


片岡剛士
複眼でみる日本経済
消費低迷の特効薬は消費税減税だ
http://www.newsweekjapan.jp/kataoka/2016/03/post.php



憲法上の観点からはこちら。
(倉山塾生を茶化すのが流行っているようですが、別に倉山さん独自見解ではなく論理的、常識的な話かと思います。ついでに言うと、本人も周辺も、おそらくこれを「政局予想」だとは考えていないでしょう。)

解散しないで減税
http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=1568


増税阻止の解散に反対する
http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=1559


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/132-bb2676a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)