り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【質問回答】日銀QQEの拡大可能性と日銀総裁の警告する権利について聞いてみた
日銀より回答があったので報告します。

【質問1】
一部では国債買いつくし、国債市場過熱気味ということは言われておりますが、今後のQQEの量的拡大の可能性についてのお考えをお聞かせ下さい。
特に、地方債買い入れの可能性などはございますでしょうか。
(既にETF、CP、RIETなどの購入をしていることは承知しております。)

【質問2】
先の質問に関連して、米国FRB総裁のバーナンキ氏が、米国政府の財政の崖問題に際し、財政による経済混乱を中央銀行は吸収しきれないとして警告を発したことがありました。
黒田総裁におかれましても、消費税増税に関して、増税を延期し場合の国債暴落リスクについて、2013年9月5日の総裁会見にて警告を発せられたと理解しております。

そこで、現状の国債不足及び増税以降の消費動向の低迷について、日銀として再び警告を発せられるお考えはありますでしょうか。



【日銀回答】
メールを拝見いたしました。

2016年1月29日(金)の総裁記者会見要旨を、日本銀行ホームページの以下のページに掲載しておりますので、これをご覧ください。

【総裁記者会見要旨(2016年1月29日)】
http://www.boj.or.jp/announcements/press/kaiken_2016/kk1602a.pdf

そのうえで、なお不明な点などありましたら下記の宛先まで電話にてご照会下さい。

宛先(電話):日本銀行情報サービス局 一般照会窓口
         電話番号:03-3279-1111(代)

情報サービス局 一般照会窓口
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/131-9daf984b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)