り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【国債】日銀が買いすぎて国債が足りなくなるので財政再建は必要???
先日の日銀政策決定会合の反応を見るに、いわゆるリフレ的政策支持者だけでなく、デフレ派や財政破綻派を含めて、

国債が足りない

が共通のコンセンサスになってきているようです。


元々、週末の決定を受けてだけでなく、昨年あたりからデフレ派のエコノミストがメディアを通じて「国債買い入れは限界、買う国債がなくなる」と煽っていました。

日銀の国債買入の限界
http://blogos.com/article/155796/


国債買い入れ、迫る限界 日銀補完策、緩和長期化にらむ
http://www.asahi.com/articles/ASHDL5VD7HDLULFA031.html



さて、ここで彼らが言っていることは「市場から国債がなくなる」「国債が足りなくなり金融機関が国債を売り渋る」ということでありますが、コレの意味するところは国債が足りない、要するに財政再建は終了している、という事だと思うわけですが、財政破綻派は何と言っているのでしょうか。


永遠には国債買えない、限界意識されれば金利上昇=木内日銀委員
http://jp.reuters.com/article/boj-kiuchi-idJPKBN0TM0MT20151203


『国債買い入れ自体も壁に直面しており、株安などで国内の金融機関が国債を買い増す場合、「日銀による国債の買い入れが困難化する事態も考えられる」とした。
国債買い入れの限界が「突然意識されれば、国債金利の大幅な上昇につながる可能性も考えられる」と懸念した。
日銀が現行の国債買い入れを継続すると、国債発行残高に占める中央銀行の保有比率が、現在主要国で最大の英国(約4割)を上回り「未曾有の領域に入る」と指摘した。』


えーと、量が必要とされる分に足りず、皆が欲しがって売り渋るので買い入れできなくなるほど少ない国債の価格がどうして暴落するんですかねぇ。
需要供給関係の基本に立てば、それは価格が高騰するはずなのですが。

で、価格が暴落するようであれば、皆が売り浴びせているんだからまた日銀が買えば済むことのはずなんですが。


政府・日銀の通貨発行益 財政再建に活用は困難(小黒一正)
http://www.rieti.go.jp/jp/papers/contribution/oguro/06.html


『日銀の量的・質的緩和を通貨発行益という観点でみると、定義(1)では、計上すべき通貨発行益は80兆円になる。
しかし、今回の量的・質的緩和もいつか「出口」戦略が必要になる。
増やしたマネタリーベースは国債の売却・償還を伴いながらいつかは減少させることになる。
そのケースでは、定義(2)に基づき通貨発行益を認識すべきだといえる。』


ペース配分はともかく減らさなきゃいいんじゃないですかね。


『日銀が保有する国債の利回りは、日銀自身の強い買い需要で低下傾向にあり、緩和に伴う通貨発行益の増加は限界が近づいている。』


要するに皆が国債を欲しがってる状態ですよね。


ちなみに、小黒氏の結論は高インフレだそうです。(笑)



このように、まだ「財政再建」とか言ってる人にとって、どうなれば再建完了なんでしょうかね。
最近の言動を見るに、どうも「国債金利が暴落しないこと」とか「市中に出回る国債を減らすこと」ではないような気がします。
ヘタすると、本当に市中の国債がゼロになっても「まだ財政危機は終わらない!」「財政再建は永遠のテーマです!」とか言いながらずっと緊縮財政を言い続けるのかもしれません


まぁ変な人達の財政再建病はともかくとして、国債が足りないのは事実であって、政府は国債を出して財政出動すべき(増税中止は当然)だし、日銀は日銀で、国債の買い増しをしたり、本当にしんどいのなら地方債を買い入れるとか、もっとできることはあるはずなので実行して頂きたいものです。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/130-3a9947a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)