り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【日本国憲法】当用憲法典の主語などを日銀に変えると酷い件
前文

日本銀行は、正当に選出された総裁及び審議委員を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による為替安定と、わが国全土にわたつて物価安定のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再びインフレの惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、この法律を確定する。

そもそも日銀は、物価の厳粛な安定によるものであつて、その権威は通貨の信認に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。
これは人類普遍の原理であり、この法律は、かかる原理に基くものである。
われらは、これに反する一切の経済学、法令及び詔勅を排除する。

日本国民は、恒久の物価安定を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、為替安定を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した
われらは、物価を維持し、インフレとスタグ、財政破綻と財政ファイナンスを地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしくインフレとスタグから免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。

われらは、いづれの国家も、自国の経済のみに専念して他国を無視してはならないのであつて、経済政策の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の経済を維持し、他国と対等な為替に立たうとする各国の責務であると信ずる。
日本銀行は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。



第二章 インフレの放棄

第九条  日本銀行は、物価と為替を安定させる国際経済を誠実に希求し、金融政策の発動たる買いオペと、経済政策による債務又は雇用の改善は、国家経済を運営する手段としては、永久にこれを放棄する
2 前項の目的を達するため、買いオペその他の政策は、これを保持しない。国の経済政策は、これを認めない




・・・まぁネタですが、経済クラスタの人なら酷さが分かるはず。
現実の当用憲法もこのくらい酷いのです。



スポンサーサイト

コメント
質問です
お久しぶりです。よしふるです。

記事とは関係のないことですが、質問があります。現在、すまん寝さんは倉山熟生でしょうか。
[2015/10/17 11:00] URL | よしふる #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/121-6d126380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)