り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【公共事業】公共事業とミクロ受給分析
先日のch桜の経済討論、三橋氏もそうですが、一部の視聴者はちょっといい加減にした方が良い。

木下


あの討論、コメント欄に湧いてたバカは絶対気付いてないと思いますが、田中氏、野口氏、原田氏が一度も土建業者の悪口を言っていないことを重く見て欲しい。


個人的好き嫌いで言えば、江田けんじなど大嫌い(あくまでも好き嫌い)ですが、野郎のような「既得権益がー!」「土建業者がー!」と言わずにはおれない程度の連中と同列に見ている視聴者がなんと多いことか。

そして、その程度の理解であることないこと罵詈雑言を書き込むとは何事か。
(挙句にハゲとか、よくそれで護国活動だの保守だのと言えるものだ。)


要するに、供給制約を言っている、というのは感情的な「反土建」「反公共事業」ではない、ということです。


そのうえで、供給制約に直面した今、三橋氏や藤井氏の「それでも単価をあげれば解決する、財政支出総額で増やせばなんとかなる」というのは酷い。

供給制約に需要サイドの引き上げで対応すればどうなるか、分かっていないのではないでしょうか。
それと、この問題がミクロの問題であって、マクロではない、ということも分かっていないと思われます。

(中野剛志の「デフレ脱却策とは金融ではなく財政赤字を増やすことだ」は低俗すぎる扇動なので論外。)


テンプレ

ミクロの単純な需給曲線のモデルです。
この曲線が交わったところで、数量と価格が決定します。
単純なモデルでは、価格が安いほど売れる数量が増えます
(あくまでもミクロの話です。デフレとは切り離すこと。)


需要増加

土木事業に関しては、震災復興で需要が急増していると考えられます。
需要が増えたことにより、需要曲線が右シフトします。

土木事業の供給力は短期的に急に増やすことはできないため、供給曲線のシフトは起きないとすると、価格が上がり、供給される数量は増えます

供給制約

ただし、いろんなところで話を聞いている限り、どうも今起きているのは供給曲線の左シフトを伴っているように思います。
資材高騰が同時に起きているので、中間投入財のコスト増を伴い、施工業者の供給力が震災前よりも落ちている可能性があります

この場合、供給される数量が減り、価格が上昇します



これと供給曲線の右シフトを組み合わせると、以下の二通りが考えられ、結果は不安定です。
(どちらになるかはモデル上確定しない。)

供給制約2
供給制約3



ちなみに、三橋氏らが主張する「単価引き上げによる公共事業増大」を何も考えずにやってしまうとどうなるか。

「木下康司」がそれをやるとは思えませんが、まぁ良いでしょう、万難を排してそれができたとしましょう。

これはさらなる需要曲線右シフト圧力ではありますが、価格の高騰に耐えきれず民間需要の退出などが発生すると、これは左シフト圧力です。

また、同時に資材高騰がさらに進む可能性があり、これは供給曲線のさらなる左シフトを伴います。


場合によっては、上の図の通り「価格は高騰、供給数量は減少」という最悪の結果になる可能性も否定できません。

これでは本末転倒です。


どれがどの程度のバランスで起きるかは不透明で、単に公共事業の増発をすれば解決するような話ではなく、多様な政策、対応を組み合わせた慎重な対応が求められていると思います。

いずれにせよ、復興は効率よくやってしまわないといけません
そのためになる政策を支持するのは当然ですが、一見耳ざわりが良くても結果的に被災地の足を引っ張るような話を感情的・原理主義的に支持して正しいことを妨害するようなことがないようにしなければなりません。

スポンサーサイト

コメント
リフレ派シバキ隊 = デフレ派でおk?
ブログ更新ありがとうございます。

先日の討論を見ましたが、一部のコメントはヒドすぎますね。見るに堪えません。増税には公共投資で倍返しとかファンタジーを信じてる奴らがわいていたようですね。
あの辺にわいてくる奴らは増税阻止こそ最大の財政出動であったことを理解していないバカでしょう。

流言飛語の大元である工作員中野剛志の罪は13000倍重いと言えますが。
[2013/11/28 22:57] URL | 関 知昭 #- [ 編集 ]


関さん>>

あえてラベル貼りはしませんけれども、「とにもかくにも公共事業の総額増大を、受注額の引き上げを」と連呼するやり方はもはやムリ筋です。

資材高騰等、既に看過できない状況ですし、政治的にも技術的にも木下的にも、あらゆる意味で公共事業増額をデフレ対策としてやることにこだわるのは、運動論としても復興政策としても公共政策としても正しくはないでしょう。


主犯格中野に限らず、相も変わらず、あらゆる方向からありとあらゆるミスリードの援護射撃も続いてますしね。
[2013/11/29 21:58] URL | 管理人 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/11-22063442
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)