り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

【TPP交渉】TPPで雇用規制が・・・
TPPを口実に雇用規制完全撤廃しようとしたり、特定アジア移民が増えることを既成事実化しようとしてるの誰だ?


木下



重要品目の関税撤廃、国ごとに決定 TPP交渉
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF2300F_T21C13A1NN1000/


『【ソルトレークシティー(米ユタ州)=鈴木大祐】環太平洋経済連携協定(TPP)交渉に参加する12カ国は、関税の撤廃や引き下げを盛り込む関税表の一部を相手国別に作る方向で調整に入った。
関税を維持する「重要品目」の削減が交渉の焦点となっているが、特定の国から輸入する場合にのみ関税を撤廃することが可能になる
互いに譲歩がしやすくなる一方、交渉が複雑化する可能性がある。』


関税撤廃対象国を選べるようになるらしいですよ奥さん。



TPP交渉、労働・政府調達で実質合意近づく 政府説明
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2102Y_R21C13A1EE8000/


『米国で開いている環太平洋経済連携協定(TPP)を巡る交渉で、労働者の権利保護を目指す「労働」と公共事業の外資開放ルールを定める「政府調達」の分野で実質合意が近づいてきた。
TPP政府対策本部の渋谷和久内閣審議官が21日、記者会見で説明した。

労働分野は新興国などが貿易や投資を促進するために働き手を不当に酷使したり、子どもを使ったりしない基準を定める。

先進国と新興国の対立が目立っていたが、渋谷氏は「残された論点は数点。日本が引き取って調整案をつくる」と語った。

公共事業の外資開放を巡っても以前はマレーシアやベトナムなどが開放に慎重だったが、柔軟姿勢に転じている。
米国は一部の州で外資開放に消極的で、今後の出方が焦点だ
渋谷氏は「一部の国の開放に関する提案を改善できないか大詰めの交渉。
実質合意に持っていきたい」と説明した。』


TPPを口実に労働規制を不当に外したり、労働者を不当に酷使するのは禁止、だそうです。


米、TPP協議で車関税撤廃に反発 日本は期限明示要求
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2003K_Q3A121C1PP8000/


『環太平洋経済連携協定(TPP)交渉と並行して20日に始まった4回目の日米間の協議で、米国が日本車の輸入関税の撤廃に強く反発している
10年超20年未満の期間をかけて関税をなくす案を示しつつも、米国の自動車メーカーと日本政府が規制を巡り紛争処理している間は撤廃期間に含めないように提案。
事実上の「無期限」を要求している。
日本政府は撤廃期限の明示を求める。』


よぉアメ公、ずいぶんテンパってるじゃねぇか(嘲笑)




もちろん、経済記事は苦手な日経だけで判断しろとは言いません。
政府資料もきちんと見ましょう。


TPP協定交渉の分野別状況 平成23年10月
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/pdf/2012/1/20111021_1.pdf



11.商用関係者の移動(p47)

貿易・投資等のビジネスに従事する自然人の入国及び一時的な滞在の要件や手続等に関するルールを定める。

(1)各国がそれぞれ約束を適用する範囲(「短期商用」「投資家」「企業内転勤」「サービス提供者」等のカテゴリー)について検討するとともに,透明性等を確保するための手続に関するルールについて議論している模様。

(2)交渉の対象は専門家を含む商用関係者であり(この点は,後述3.(1)のとおり,TPP協定交渉参加国の既存のFTAでも同じ),いわゆる単純労働者は議論の対象となっていない。』


17.労 働(p70)

貿易や投資の促進のために労働基準を緩和すべきでないこと等について定める。

貿易・投資の促進を目的とした労働基準の緩和の禁止や国際的に認められた労働者の権利の保護等が主たる目的となっているが,米国が今後条文案を提案する段階であり,現時点では,独立した章とするかを含め,合意はない模様。』



以上の通りで、TPPを口実にして、やれ移民の促進(含特ア)だの、やれ労働者の権利の完全はく奪だのを既成事実化しようとしているヤツは、トンデモか、または実はそれをやりたいヤツの疑いがあるので要注意です。


ご覧の通り、TPPアグリーメントを理由にそんなことができないのは明白で、むしろ逆のことを明文化しようとしています。

これは報道と合致する内容です。



この件、非常に注意してみないといけないようです。
「TPPで支那人移民がー」とかいう話が回っていますが、それ煽ってるの誰だ?どういう目的だ?というのはよく注意してみないといけません。

言い換えると、近い将来、仮にTPP交渉が妥結して国会で批准されても、支那人移民の自由化などという与太話の口実にはなりえませんから
そこを理由にこじつけて強行突破しようと目論んでいるヤツでもいるんじゃないでしょうか。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://himorjp.blog.fc2.com/tb.php/10-10921110
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)