り~ふれっと資料置き場(仮)@すまん寝屯所
り~ふれっと用TOP page はこちらから。http://himorjp.blog.fc2.com/blog-entry-97.html
プロフィール

デフレ脱却支持。

すまん寝

Author:すまん寝
り~ふれっと関連資料はコチラから。

り~ふれっとはコチラ

Youtubeの動画置き場はコチラ

本棚

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【河野談合】「河野談話」は河野談合だった件
若干出遅れましたが。


政府検証全文(1)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140621/plc14062100260005-n1.htm



「河野談話」検証の報告書を発表 韓国側との水面下の調整など記載
http://www.huffingtonpost.jp/2014/06/20/kono-statement_n_5514122.html



これまで、長いこと「河野談話」僭称していた例のアレは、実は


河野談合


であったことが判明。


この調査結果を受けて、国内反日勢力と韓国などは発狂。w
皆様、要拡散でございます。


BrdNi-2CMAA6Z6H.jpg



あと、消費税10%阻止もよろしく。


スポンサーサイト
【西部邁】翻訳した程度なら大した問題じゃないらしい
西部邁はフリードマンの仲間だった!?
http://ameblo.jp/typexr/entry-11787715611.html



コメントに凄まじい内容が。


『3. 仕事

仕事で翻訳したら、その思想をすべて体現していないといけないのか?
んじゃ、不動産屋さんはいちいち相手の思想を聞くの?左翼に店を貸したら左翼?

46.5歳 おっさん社長 2014-03-06 12:56:43 』




へえ。



じゃぁ、


仕事でケケ中平蔵を井戸端会議に押し込んだ程度でケケ中の思想をすべて体現しないといけないのか?

「新自由主義者」認定して罵倒しなければならないのか?

総理大臣はいちいち相手の思想を聞くの?

「新自由主義者」が関係者にいたら「新自由主義者」?



もう少し質の高い反論があれば良いんですけどね。


【支那共産党】支那共産党が何か言ってる
中国政府高官がダボス会議で問題発言
http://blogos.com/article/79019/



地政学者、奥山氏による解説でございます。
まぁ、ざっと見ただけでもなかなか挑戦的な発言のようですね。


なお、

『次に中国側の事情を話しており、彼によれば日本はアメリカとは講和したが、中国とは実質的に第二次大戦の本格的な講和をやっていないと説明。』


ウチはおたくと戦争状態にあったことはないが???
(帝国陸軍が八路軍のテロに遭った事は何度かあるようですが、それは野盗、山賊、犯罪者と同レベルです。)

中華民国とは手打ちを済ませてあるし。


日本国と中華民国との間の平和条約
http://bit.ly/1fMjr42



まぁ、中華民国政府を「中国政府」とは認めない立場だ、というんだから口先の妄言でもそう言わざるをえないんだろうが。



所詮しゃべっているのは支那人ですので、「常識に基づいて発言しろ、余計な挑発をするな」などとモノの道理を説いたり、「歴史を覆すな」などと学問的なことを言っても詮無きことであります。

相手は文明人の類ではありませんので。






による支那王朝の法則を見てみると、現在支那共産党は、


・秘密結社乱立、全国規模農民反乱

・地方軍閥の中央突入



の間にあるように思われます。


今週の暴動 ~ 合戦まつりではなく、合戦です
http://ameblo.jp/japangard/entry-11771958332.html



今週の暴動 ~ 春節、暴れ初め
http://ameblo.jp/japangard/entry-11771304291.html



暴動TODAY 突きん棒で警察退治!
http://ameblo.jp/japangard/entry-11762481310.html




地方軍閥突入以降は、新王朝成立で粛清と対外侵略の繰り返しになります。
(正規軍が壊滅してからが本番、という凄まじい話です。)



なので、「武力衝突も辞さない」かのような支那共産党幹部の発言、一体どういう意味か当方管理人にははかりかねるものでございます。

端的に言って「正規軍」(と言っても支那共産党軍)が組織的な攻撃をかけてくるとはちょっと考えにくいので。

こちらが先走って「静謐を壊す」ことを期待しているのでしょうか。

確かに、「右」や「保守」が血走って「暴支膺懲」を訴え、尖閣防衛がいつのまにか「福建空爆」「北京占領」に代わってしまいそうな雰囲気が多少感じられるようになってきました。
(特に都知事選を境にまた強くなってきたような気がします。)


事実を知っておくことは当然として、一般人はあまり先走って反応しない方が良いかもしれません。



【東田剛】「支那よりも米が敵」→「暴支膺懲」?
今度は「支那と竹やり持って戦うぞ」か?

木下


安倍総理が靖国参拝をし、それに対して特定アジアは元より、駐日米大使館が何か言った、と。
個人的には、年に何回もdisappointedしているアメリカさんがどうこう言おうと気にする必要はなかろう、と思いますが。

アメリカさんが文句つけてきた、ということは、例の真正保守w陣営にとっては良いニュースなんじゃないの?

と思いきや、相も変わらず無限のハードル上げにより、事態を悪化させたい模様。


【東田剛】もしも東田剛が官房長官だったら
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/01/08/korekiyo-78/



とりあえず、ケケ中平蔵はカンケーねぇだろう?と。


『したがって、もし私が官房長官だったとして、12月26日の朝に総理から参拝を告げられたら、こう言って、止めてましたね。

「総理、お気持ちは十分に分かりますが、しかしながら、このタイミングでは、中国に軍拡の口実を与え、米国の不信を招くリスクがあるので、お控えくださいませんか。
特に今日は、調べたところ、毛沢東生誕120周年の日だとかで、中国を刺激しすぎます
いずれ誰にも遠慮することなく靖国参拝できる国にすべく、今は、臥薪嘗胆、富国強兵に努める時と存じますので、なにとぞご辛抱ください。
それから話は変わりますが、竹中平蔵はクビにすべきかと。」


でも、もし総理にこう返されたら、総理の判断に従ったと思います。

「確かに今日はまずいが、だが日を改めて参拝させてくれ。
君の言うリスクも分からないではないが、しかし、中国は、参拝の有無とは無関係に、機が熟したら、必ず尖閣を獲りに来るだろう。
そして米国には、参拝と関係なく、どうせ日本を守る気も力もないのだ
ならば、いずれ自衛隊の諸君は、尖閣を守るべく、戦いに赴くことになる。
その際、一国の指導者が英霊を祀ることもできないようでは、自衛隊の士気にかかわるのではないか。
むしろ情勢が不穏な今だからこそ、私が参拝を決行してみせ、日本人の独立自尊の精神を取り戻すことが大事なのだ。
それと、話は変わるが、竹中はクビだ。」

他方、もし総理にこう言われたら、即刻、辞表を提出します。

「はあ?そんなリスク、ないない。
TPPに参加するんだから、米国が中国から尖閣を守ってくれるに決まってるじゃん。
もはや、国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました。バイ、マイ、ヘイゾーノミクス!」




一読してツッコミどころ満載ですが、箇条書きにすれば以下の通り。


・日本に軍拡の口実を与えている支那共産党には何かないのか。

・どうせ靖国とは無関係に反日しかできない支那共産党を刺激したら何か都合が悪いことでもあるのか。

・どうせ日本を守る気力も力もないアメリカの不信を買ったらどうだというのか。

・TPPの交渉を見ていると、むしろこのまま日本が参加することでアメリカ人の恨みを買いかねない状況だが、そういう現状を無視して妄想を煽り、安倍総理を誹謗中傷する事に言論人としての誇りをかけられるか。




というか、ついこの前まで「支那よりもアメリカが敵」と煽ってたのに、今度は暴支膺懲ですか?
まるで開戦前夜の尾崎秀実ですね。



『前回、申し上げましたが、靖国神社は「国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝える」ための場所であり、英霊を慰めるとは「日本を守るために、よくぞ敵と戦ってくださいました。
私も、日本を守るために戦う覚悟です」と誓うことです。』

『もっとも、政治家が海外に対して説明する場合には、言い方に気をつかって、言葉を多少丸めざるを得ないという事情は勘案してもいいとは思いますが、でも、我々一般の日本国民は、あくまでも「靖国神社は単なる追悼施設ではなく、外国の反発を覚悟してでも参拝しなければならない特別な場所なんだ」としっかり認識しておくべきだと思います。』


闘う覚悟は結構ですし、「外国の反発」など東田に言われるまでもなく歯牙にもかけていませんが、この手の真正保守w系の連中、設計主義ですが「戦争設計だけはやらない」連中と言われています。


支那と戦うってのは、ワケも分からん素人が竹やり持って一億玉砕することですか?
書いてないので分かりませんけど、そうだとすればまるで大東亜戦争時の朝日新聞ですね。



そういえば、東田とどういう関係か知りませんが、中野剛志も何か言ってます。

世界史から見た靖国参拝の重大な意味
http://chokumaga.com/magazine/free/124/17/


『これに対して、総理の靖国参拝を支持する人々の中には、

「国のために戦って犠牲になった人々を慰霊するのは、どこの国でもやっていること。
なのに、なぜ、日本だけが批判されなければならないのか」


という声がたくさんありました。
たしかに、国家の指導者による戦没者の慰霊は、別に日本だけがやっていることではありません。
それなのに、なぜ、日本は、各国から批判されなければならないのでしょうか。

理由の一つは、

「とにかく、今は中国や韓国を刺激して、東アジア情勢を不安定化させないでくれ」というものでしょう。

しかし、それだけではありません。

なぜ、日本だけが、国家の指導者による戦没者の慰霊を許されないのか。
それを理解するためには、実は、十七世紀のヨーロッパにまでさかのぼらなければなりません。』


なぜ許してもらわなければいけないのか。


外国の顔色をうかがうことをあれほど叩きまくっていた中野剛志にしては随分と弱腰ですね。



それに、17世紀が云々言っているようです。
ウェストファリア条約の事を言ってるなら、中野にはこれを贈りましょう。

「韓国につける薬はない」倉山満氏インタビュー
http://www.sinkan.jp/news/index_4205.html


―日韓関係のこじれをクリアする方法として、日本人同士で議論をすると「歴史認識を揃えるべきだ」という話も出てきます。でも本書を読んで、かなり甘いことを言っていたんだなと実感するところがありました。

「それは近代文明がなんたるか理解できていない状態で議論しているからです。
1648年にウェストファリア体制がヨーロッパではじまり、文明というものが定義されることになります。

この体制の大事な点は、終わった戦争、講和条約が締結されて外交問題のすべての処理がついた過去の戦いに関して、とやかく言うのは文明国ではないと言っていることなんです。

ただ、気をつけなければいけないのは、今回、歴史認識の問題に対して先に言い出したのは日本人ということです。
教科書問題も日本人が蒸し返したわけで、これは日中近現代史にも書いていますが、国際法に関することですから簡単に取り返せるものではありません。
日本の親中派、親韓派の政治家は近代のなんたるかを分かっていなかったという話なんです」


―今後、韓国の「頭の中がファンタジー」状態はおさまることがあるのでしょうか。

「ないでしょうね。
逆になんとかしようとしたから、大日本帝国は失敗しました。
自分たちと同じだと接したのがそもそもの間違いで、韓国と関わると同じ精神年齢になるので、あちら側をなんとかしようと考えるのをやめたほうがいいでしょう。

大事なことはお互い言いたいことを言い合って、その上で付き合いましょうということ。
これが国際政治の常套であって、歩み寄って好き合いましょうというのは反文明的な行為なんですよ。
歩み寄ろうとするのは、どちらかがどちらかを乗っ取ろうということですから。

客観的にとか、事実に基づいてとかやろうとするからいけない。
お互いが好き勝手に主張をぶつけあって、決着をつけなければいいんです。
決着をつけないから別の国でいられるわけで、それが近代なんです。
問題は、韓国は一度も近代国家になったことがないこと。
日本がそんな韓国を甘やかしていることです」』



倉山氏の説明で考えれば、東田や中野が近代や文明を分かってない、と感じられるのはここ。


『いずれ誰にも遠慮することなく靖国参拝できる国にすべく』


どうやればそんなことが可能なんでしょう。


アメリカが日本の意向と違うことを言うたびにワシントン空爆でもやりますか?

まだ支那人やアメリカ人が人間だと思ってるんですか。
だとしたら真正保守wも随分と甘い集団ですね。


【人民日報】たいへんだー、米中一体だー、靖国で日本の国益がー??
人民日報の記事と見間違えた。

木下


明けましておめでとうございます。
今年も適当に国賊・偽装転向者をdisりながら更新していく予定ですので、よろしくご指導下さいませ。


さて、新春早々、人民日報が飛ばしてます。


【東田剛】新年のご挨拶
http://www.mitsuhashitakaaki.net/2014/01/01/korekiyo-77/



・・・・あれっ???

あまりに同じ論調で書いてあるので人民日報のサイトと間違えました。
正しいリンクはこちらです。


私利のために国益を犠牲にした安倍首相
http://j.people.com.cn/94474/8499537.html


『日本の安倍晋三首相は先日、靖国神社を「電撃参拝」した。中韓両政府は直ちに極めて強く反応し、米国など他の国々も次々に驚きと不満を表明した。
これによって最も損なわれたのは表面的には中日関係、韓日関係だが、本質的には日本自身の国益である。(文:張雲・新潟大学准教授。人民日報海外版コラム「望海楼」掲載)

第1に、中韓両国を見てみる。

中日関係、韓日関係は過去1年間非常に緊張し、歴史問題や安全保障政策における安倍内閣の言動に中韓は強く警戒してきた。3カ国の最高指導部が同時に交代するという黄金の時期にあって、日本と中韓の首脳会談はまだ行われていない。
安倍氏は対話のドアはオープンだと主張し続けているが、参拝の伝えたメッセージは、日本が外交的配慮において中韓をほぼ完全に無視しているということだ。
中韓としては、日本側が自国を無視するとの最後の一線をすでに示した以上、対日政策の確定がかえって一段と容易になった。
安倍氏は在任中、近隣国との関係で長期的孤立に直面する可能性が高い。
この孤立が日本経済に影響を与えるのは必至だ。


第2に、米国を見てみる。

日本の首相による靖国参拝の問題において、米国は通常と異なり明確な姿勢を初めて表明し、周辺国との関係の扱いに日本が失敗したことに失望をあらわにした。
米国は、日本は戦略的対話を行えるパートナーではないと考えるにいたった。
「米国は自らの力が相対的に下降する中、東アジアの安全保障において日本のプレゼンスの強化を求めており、日本が安全保障政策を『積極的』に調整すれば、歴史問題では沈黙を保つ」と安倍氏は考えているのかもしれない。
だが日米同盟は安保同盟であって、歴史問題同盟ではない。歴史認識に関して、ワシントンは日本の共感者ではない。
米国外交において理想主義という道義的一面は虚偽性を備えるが、基本的な道義原則を放棄することはない。
その上、靖国参拝による北東アジア情勢の一層の緊張は、米国の安全保障上の利益そのものにとって現実的脅威となる。安倍氏は就任以来日米同盟の強化を仰々しく宣伝しているが、参拝の結果、反対に日米関係は弱まっている。


第3に、日本国内を見てみる。

靖国参拝によって、ようやく得られた国内政治の相対的な安定に分裂が生じ、貴重な政治資源・力が分散し、最重要の政治目標である景気回復の実現もぐらつく。
安倍氏の首相再登板を可能にした国民の支持は、主に経済立て直しへの期待と、政治の安定への切望の2点によるものだ。
自民党は衆参両院選挙で多数議席を獲得し、長年失われていた政治的安定を実現した。
これは大胆な経済改革に貴重な政治資源を提供した。
だが靖国問題において、日本国内の考え方には以前から重大な対立が存在する。
「アベノミクス」実施の正念場において、靖国参拝は政治・社会・世論の分裂を招き、日本が発展のチャンス期を逃すことにもなる。
経済成長と国際競争力が確保されなければ、日本の国益は語りようがない。

安倍氏は靖国参拝について日本の長期的国益を考えてのものだと弁解するかもしれないが、周辺外交を見ても、日米同盟を見ても、さらには国内政治を見ても、この行動のもたらす客観的結果は、その主観的願望とは正反対のものだ。
安倍氏は自分だけの利益のために日本の国益を犠牲にしたのである。(編集NA)

 「人民網日本語版」2013年12月30日』



「安倍はアメポチだー」

「ポリアンナ保守ザウルスがー」

「靖国参拝でアメリカが怒ったぞー、国益がー」




どっちなんだよwwww(爆)

特定外国を絡めないと靖国参拝の話もできんのか、真正保守ども(嘲笑)
下らん連中です、ホント。

こりゃ、マジに毎週参拝する勢いで「総理として公式参拝」し、サヨクとともに特定アジア及び偽装転向者を発狂させ続けてくれた方が面白いのでは、などと妄想してしまいました。


こちらもお読み下さいませ。

東田剛とは三橋貴明なのか?
http://ameblo.jp/typexr/entry-11741270035.html





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。